コーディネート

【今週のコーディネート】サマーニットを活用した夏コーディネート

こんにちは。白須(しらす)です。

7月も終盤。ついに夏本番という気温になってきました。というわけで、本日は今から使えるコーディネートをご紹介したいと思います。

暑くなると、半袖Tシャツにショートパンツという単純なコーディネートになってしまいがち。これでは「お洒落さ」という意味ではやや物足りないかと思います。

今回は、真夏にも使える
・機能性と見た目を両立したコーディネート
・サマーニットの有効活用
をテーマに洋服を選んでみました。

それでは、早速いってみましょう!





サマーニットを活用したカジュアルスタイル


ニット(肩がけ) : UNIQLO
Tシャツ : UNIQLO
パンツ : UNIQLO
シューズ : JOSEPH CHEANEY

今週のコーディネートがこちら。

Tシャツにスラックスというシンプルなスタイルに、ニットを肩がけしてみました。シューズはレザーローファーです。

夏場は薄着なだけにカジュアルになってしまいがち。そこを補う形でTシャツをスラックスにタックインすることで、着こなしでドレッシーさをプラスしています。さらにリネンのニットセーターを肩がけして、アクセントを加えています。ちょっと大人の気品みたいなもの感じませんか?

それでは、こちらのコーディネートをポイント3つに絞ってご紹介していきます。

created by Rinker
¥3,850 (2022/11/27 04:09:20時点 楽天市場調べ-詳細)

①サマーニットはすぐ着れなくなる!?


まず今回の肩がけしているサマーニットですが、着こなしのアクセントとして使用しています。

夏場はシンプルなコーディネートゆえに印象が寂しくなりがちですからね。アクセサリーや装飾はコーディネートに華やかさを加えてくれます。

ただでさえ暑い夏場に、余分な洋服を着るのは暑くないのか?と疑問に思うかもしれませんが、肩がけくらいであればさほど暑くならず気にならないものです。

サマーニットにはその他にも使い方があります。

それは冷房時の防寒着です。

真夏といえど、寒いと感じる時があるのがエアコンによる冷房。
・電車で座ったら、たまたま冷房が直接当たるところだった。
・映画館に長時間居ると寒い。

こんな経験をしたことがある方もみえるかと思います。

男性は女性ほど冷えに敏感ではないにせよ、防寒着としてのニットを携帯していると何かと便利なものです。寒いと感じれば、サッと羽織ればOK。

カバンに入れて持ち歩くくらいならお洒落道具として使っちゃえというテンションで着てみました。これがなかなか良いかなと思います。

サマーニットを使う上でのポイントは意識的に使ってあげよう、ということです。春夏向けにセーターやカーディガンなどニットアイテムは、大人らしいく万人がお洒落と感じやすいアイテムです。

しかしサマーニット唯一の欠点が着れる期間の短さ。

春寒さがあけて4月中旬サマーニットを使える様になる。5月上旬GWが明けると気温が高くなりすぐ着れなくなる。こう考えるとサマーニットが普通に着れる期間、なんと1ヶ月足らず。しかもサマーニットは冬物と違い、薄手で素材もコットンやリネンなどそこまでの防寒性はありません。なので秋冬には寒くて使えないです。

というわけで、何か別枠でお洒落アイテムとしてサマーニットを使ってあげようというのが今回のコンセプト。サマーニットはせっかく良いアイテムなのですから。なのでこんな感じで機能的な洋服とは違う使い方をしてあげることで、できるだけ長い期間着てあげられます。





②ドレスを意識。小物も足してみよう


今回は夏らしく涼しいものということで、トップスはTシャツを着てみました。

となるとパンツは機能性的にショートパンツを選びたくなるもの。しかしショートパンツはあまりにもカジュアル過ぎて、子供っぽい格好になってしまいます。

そこでドレスアイテムであるスラックスを履いてみました。スラックスはキレイめアイテムです。大人の余裕みたいなものを表現できます。

またスラックスはワイドシルエットなものを選びました。ワイドシルエットはトレンドらしさもあると同時に、Aラインシルエットを作りやすい特徴があります。Aラインシルエットとはお洒落なシルエットの代表的なもの。トップスがタイトに、ボトムスにボリュームがある着こなしです。上下でメリハリが生まれ、小慣れた着こなしができます。

しかも、ワイドパンツは夏場には機能的な面もあります。それは足にまとわりつくことがないということ。足とパンツの間に空間ができるのとにより、パンツが足に接しにくいです。空気の通り道があるので、熱気がこもりにくく涼しいです。ワイドシルエットは夏向きのシルエットと言えるでしょう。

他にも腕時計やバングル、ニットの肩がけなど意識的にアクセサリーを使用してみました。

繰り返しにはなりますが、夏場のコーディネートは着用アイテムの少なさから寂しい印象になりがち。夏場はやや装飾過多なくらいでも悪くないです。

こんな感じで涼しさとおしゃれさのバランスを取ってみるとよろしいかなと思います。


③足元は重くなり過ぎないように季節感を


足元には革靴を履くことで、さらにドレス感を演出してみました。革靴って艶のある見た目から小綺麗な雰囲気がしますよね。

また革靴はローファを選びました。ローファーのようなスリッポンタイプの靴は素足の見える分量が多くなります。夏らしい季節感があるかなと思います。

スリッポン
靴ひもを結ぶ必要のない靴のこと。気楽に脱いだり履いたりできる特徴があります。
カジュアルでスポーティな印象の靴です。

とは言え、ネイビーのスラックスにブラックの革靴の合わせは重たい印象。今回はソックスをホワイトにして軽さを出してみました。

この他にもカバーソックスなどの靴から靴下が見えないタイプもOK。素肌が露出するので、より涼しげな印象になります。

以上。今週のコーディネートをご紹介しました。

それでは、今日の記事はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、次の記事でお会いしましょう。

「今回のコーディネートに使用したアイテム」

created by Rinker
¥82,500 (2022/11/27 06:52:12時点 楽天市場調べ-詳細)

【今期おすすめ】2021年夏に買って良かった洋服ベスト3前のページ

「服がクサイ」なんて言わせない!夏におすすめな消臭剤PROUDMEN.(プラウドメン)次のページ

関連記事

  1. コーディネート

    地味になりすぎない冬のお仕事コーディネート

    年末も目前にして、ようやく真冬らしい気候になってきました。もう、外を…

  2. オシャレ術

    洋服を買わなくても良い!?夏を賢くオシャレになる方法!

    こんにちは。白須(しらす)です。夏場ってオシャレに見えにくい…

  3. オシャレ術

    最も使いやすいコーディネートの色合わせ

    コーディネートを組むときに、まず意識するのはアイテム同士の相性です。…

  4. コーディネート

    着こなしによる春っぽさ、季節先取りのコーディネート

    こんにちは。白須(しらす)です。2月も終盤となり、もうすぐ春…

  5. オシャレ術

    【真夏の着こなし必見!】大人に似合うショートパンツの選び方

    7月も後半。すっかり夏という雰囲気で、日中はかなり暑くなってきました…




  1. 購入品レビュー

    【UNIQLO+J購入品レビュー】 着回し力抜群!ウールブレンド オーバーサイズ…
  2. 筆者のクローゼット

    服好きにBarbourが愛される魅力とは!?
  3. 筆者のクローゼット

    洋服の保管どうしてる?選りすぐりのハンガーご紹介します。
  4. コーディネート

    【今週のコーディネート】ライトアウターで季節とシルエットを意識してコーディネート…
  5. 筆者のクローゼット

    こだわりのジーパン!RESOLUTE 710を1年間履いてみた!
PAGE TOP