オシャレ術

洋服を買わなくても良い!?夏を賢くオシャレになる方法!

こんにちは。白須(しらす)です。

夏場ってオシャレに見えにくいことってありませんか?

洋服は新しいものを買ってクローゼットはアップデートされているはずなのに、自分自身はなんだかカッコ良く見えない。それは「着こなし」に問題があるのかもしれません。

洋服は買えばオシャレになる、というものではありません。お金をかけてハイブランドを買えばみんなオシャレ、なんてそんなことありませんよね?オシャレな方にの中にはGUやユニクロ、古着なんかを使って着こなす方も見えます。

結論、着こなしが上手だったら新しい洋服を買う必要ないんです。本日は、そんなオシャレに見せる夏の着こなし術を3つご紹介します。

それでは、早速いってみましょう!





①Tシャツはタックインをしてみよう。


夏場のオシャレに見える着こなし術1つ目は「Tシャツはタックインをしてみる」です。

最近は男性のカジュアルシーンでも街中でもわりと見かけるようになったタックイン。

タックインはトップスの裾をパンツの中へ入れる着こなし。夏場はTシャツをタックインすることでサマになって見えるものです。

まず、こちらがタックインしていない状態です。変ではないし悪くはないですが、フツーという感じですよね。

フツーに見えてしまう原因は、大人っぽさが足りないから。

こちらのTシャツは生地感も美しいので、そこそこはキレイな雰囲気ですが、Tシャツというアイテムはどうしてもカジュアルな印象があります。

とはいえアイテム数を増やして大人らしさを出そうにも、夏場は気温が高く着用点数が少なくなります。例えば、ジャケットを着れば大人らしさは出せますが、真夏は気温的にちょっと厳しいですよね。

なので夏場は着こなしにより、大人っぽさを出すことが有効なのです。

そして、タックインをしたスタイルがこちらです。なんだか垢抜けたように見えませんか?

ポイントは、もちろんタックインを使ったということ。

タックインはスーツでも取り入れられる着こなしです。スーツ着用時にシャツの裾を必ず、スラックスの中に入れますよね。スーツは大人っぽい洋服の象徴とも言える存在なので、非常にドレッシーに見えます。

Tシャツを大人らしく、つまりオシャレに見せるテクニックとして、タックインは効果的な手段なのです。

でもタックインっておじさんがやるヤツじゃんってイメージする方も見えるかもしれません。たしかに近所のおじさんとかがやっていることがありますからね。笑

このおじさん見えから脱却するのも、これもまた着こなしによるものです。

具体的にはこの様に、トップスとパンツの境目には「溜まり」を作ってあげることが重要です。

これはブラウジングという手法で、この溜まりが抜け感となり、ややトップスとパンツの境目を曖昧にしてくれます。そしてピシッと見え過ぎてしまうのを防いでくれるのです。

タックイン自体はスーツの着こなしでも、実際に着ているのはTシャツというカジュアルウェアです。このアイテムと着こなしによる、ドレスとカジュアルのバランスを保ってあげることがオシャレの秘訣だと思います。

また、タックインが見慣れていない、ということもあります。

そんな時は一度、タックインをしてみて鏡の前でご自身の姿を少し見ていて下さい。最初は慣れないかもしれませんが、数分すると「あれ?案外アリかも」と思えてくるかもしれません。

新しい着こなしというのは最初は慣れないもので、時間が解決してくれることもあるのです。

私自身も最初はタックインに抵抗がありました。しかし、時間の経過とは恐ろしいもので、今ではカジュアルシーンの半分くらいはタックインをして過ごしています。

created by Rinker
¥3,190 (2021/10/24 19:24:53時点 楽天市場調べ-詳細)

②ショートパンツには長袖シャツを


続いて2つ目の着こなし術は「ショートパンツには長袖シャツを合わせる」です。

ショートパンツは子供っぽさあふれるカジュアルアイテムです。

そこにドレス要素であるシャツとコーディネートしてあげると大人の男性が着てもサマになるコーディネートがつくれます。もう少し詳しく解説していきましょう。

真夏にやってしまいがちなコーディネートの代表格として、「Tシャツにショートパンツ」なんてものがあります。

涼しくて快適なのですが唯一の難点が、子供っぽくなりがちということ。あえて悪く言えば、虫取り少年みたいになってしまうんですよね。

ちょっと近所のコンビニに買い物に行くとかなら全然OKなのですが、街着として大人の男性が着るには少々カジュアル過ぎる印象かなと思います。

こちらの解決策がショートパンツにシャツアイテムを合わせることです。

ショートパンツの涼しさを保ちつつも、シャツというドレスアイテムを使うことで、先ほどの「Tシャツをタックインをしてみる」同様、適度に大人っぽさを演出できます。

ポイントは「長袖」ということです。半袖より断然ドレッシーに見えます。ショートパンツがかなりカジュアルなアイテムなので、長袖シャツにてグッとドレス要素を引き戻してあげることで、大人らしいバランスに仕上がります。

ちょっと長袖は暑いなぁと思えば、腕まくりしてあげても良いかなと思います。

ショートパンツに合わせるシャツの選び方としては、スーツ用のシャツそのままではなくカジュアル用に仕立てられたものを選ぶのがベターです。

見分け方は簡単で、ビジネス用シャツは襟周りをピシッと見せる為に硬い芯材が入っていることが多いですが、カジュアル用シャツは襟が柔らかいです。ビジネスシャツそのままをショートパンツに合わせると、過度にドレッシーな着こなしになりチグハグな印象になってしまいます。

シャツの生地については、コットン素材が一般的。織り方としても、ブロードという艶のある素材も素敵ですが、カジュアル限定ということでザックリ織りのオックスフォードなんてのもおすすめです。その他にも季節感を出す為にリネン素材なんてのもアリですね。ちなみに写真のものはユニクロのリネンシャツです。

生地については、気分に合わせて好きなものを選んでしまって良いでしょう。

また、シルエットもビジネスライクな身体のラインをひろうようなタイトなものではなく、程よくゆとりのあるものを選びましょう。

トレンドらしく、ビックシルエットなんてのもOKです。ショートパンツ自体がカジュアル全振りみたいなアイテムなので、シャツもビックシルエットでカジュアルらしさ与えるてもコーディネートのバランスは崩れません。

created by Rinker
GRAMICCI(グラミチ)

③意識的にアクセサリーをつける


最後3つ目の着こなし術は「意識的にアクセサリーをつける」です。

夏場は気温の高さから着用アイテム数が少なくなり、着こなしにが寂しくなりがち。そんな時にアクセサリーを活用するとコーディネートの寂しさやマンネリ化を解消できます。

洋服のトレンドは、長らくノームコアという考え方が好まれています。

ノームコアとは「究極の普通」を意味する言葉で、無地の白Tシャツ、ブラックのスラックス、スリムなジーンズみたいなアイテムが当てはまります。着回しやすく使いやすいのですが、良くも悪くもシンプルなものばかりです。

そんなノームコアと高相性なのがアクセサリー。シンプルな洋服だからこそアクセサリーでコーディネートに華やかさや自分らしさを加えるのは理にかなった考え方と言えるでしょう。

今おしゃれなセレクトショップのスタッフさんを見てもアクセサリーをしていない、なんて方は皆無と言って良いくらい。首にネックレス、腕にはバングル、手には指輪などなど割と全部付けちゃってる方も見かけます。

アクセサリーをジャラジャラつけるのっが流行ってるのはわかったけど、実際そんなのいきなり付けるには抵抗感があし、そもそもアクセサリーなんて持ってないよー、なんて方も多いかと思います。

そこでおすすめなのが、腕時計です。

腕時計なら1つくらい持っるなんて方も多いのではないでしょうか?

腕時計は「時間を見る」という意味のある小物で嫌味になりにくいです。こんな理由から腕時計をつけるのに気恥ずかしさを覚える方もなかなかいないかと思いますので、自然に取り入れらるアクセサリーと言えます。

それでいて、付けるだけで印象はかなり変えられちゃうんです。

また、時計って不思議なものでカジュアルシーンにおいては、ビジネスらしいドレスウォッチからカジュアルなデジタルウォッチみたいなものまで、満遍なく使えてしまいます。

度々、例に登場するTシャツにショートパンツの様なコーディネートにドレスウォッチを組み合わせもわりと馴染みます。

そして、夏場は半袖の洋服を着ることが多いので、腕周りに装飾を加えることはより効果的とも言えます。

以上。本日は、オシャレに見せる夏の着こなし術を3つご紹介しました。

それでは、今日の記事はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、次の記事でお会いしましょう。

「今回のコーディネートに使用したアイテム」

【コーディネート特集】LACOSTE( ラコステ)のポロシャツを使った着こなし3選前のページ

【真夏の着こなし必見!】大人に似合うショートパンツの選び方次のページ

関連記事

  1. コーディネート

    今日はデスクワークかな?外出かな?いろんな状況に対応できるお仕事の服装とは

    最近はテレワークも増えてきて、仕事では外出しなくなった、週3日は会社…

  2. オシャレ術

    ビジネスシーンに最適!夏のスラックスはこの3つを守ればOK!

    6月も終盤。そろそろ夏かな?という雰囲気で、日中はだいぶ暑くなってき…

  3. オシャレ術

    ドレスとカジュアルの合わせ方

    こんにちは、白須(しらす)です。先日、大人の男性ファッション…

  4. オシャレ術

    夏のファッションはコレで決まり!大人が持つべきアイテム3選

    「夏って暑いから、薄着で着用点数も減ってオシャレの幅が狭いなー」なん…

  5. オシャレ術

    無地こそ最も素敵な柄

    こんにちは、白須です。本日は息抜きネタです。以前、私…

  6. オシャレ術

    誰でも簡単に出来る!インディゴデニムの着こなし方をご紹介します!

    最近、パンツといえばトレンド的にはスラックス一辺倒。ちょっと飽きたな…




  1. 購入品レビュー

    UNIQLO and JW ANDERSON発売!気になるアイテムをチェックしま…
  2. コーディネート

    【今週のコーディネート】暖かい陽気の洋服。小物使いでアクセントをつけよう
  3. オシャレ術

    無地こそ最も素敵な柄
  4. 小物

    寒い冬のお供に johnstons カシミヤストール
  5. 購入品レビュー

    天然素材の風合いと今っぽいシルエットが良い!UNIQLOのコットンパーカ
PAGE TOP