オシャレ術

【コーディネートにおける重要なポイント】良いボトムスを履こう

こんにちは。白須(しらす)です。

本日はコーディネートのお役立ちネタをご紹介したいと思います。

お気に入りの服を着てみたけど、なんだかしっくりこない、なんて経験ありませんか?それってボトムスによる影響かもしれません

ボトムスってアイテムとしても、あまり目立つ印象もないので軽視しがちですが、コーディネートのシルエットを整えるには重要な役割をしています。

今回はコーディネートにおける、なぜボトムスが重要なのか、そしてどんなボトムスを選べば良いのか、についてお話ししていきます。

それでは、早速いってみましょう!





ボトムスをこだわるべき理由


それではまず、なぜボトムスをこだわるべきなのかについて、

それはズバリ、ボトムスはコーディネートのシルエットを決定づけるからです。

早速ですが、こちら2つの写真を見比べてみて下さい。

ややワイドなシルエットのストライプシャツに、スリムなジーパン。上半身がワイドで下半身がスリムなYラインシルエットとなっています。

もう一つが、ブラックのオープンカラーシャツに、ワイドなデニム。こちらは、下半身がワイドなAラインシルエットとなっています。

どちらもトップスにシャツを着て、ボトムスにジーパンを履いているのに、けっこう見え方が違いませんか?

ボトムスに注目してみると、片方はスリムで色落ちも少ない、もう一方はワイドで色落ちも激しいという違いがあります。どちらが良いということではありませんが、これだけ印象を変えることが出来るのです。

結局、コーディネート全体の印象を決定しているのはボトムスということ。前者はボトムスが細く濃い色からスマートに見えるし、後者はボトムスが太く色落ちも激しいから男らしく見える。

文字にすると、大したことのない様に感じますが、実際の見え方はずいぶん違うものです。

ボトムス選びは、どういう印象にしたいのかでコーディネートを変えることが出来るのです。

そして、このボトムスが違いはオシャレに見えるかどうかにも影響します。

トップスって顔に近い位置に存在するから、わかりやすく目立つちますよね。人は相手と話す時、顔を見ます。だから目線が最も向きやすいのは上半身なのです。

ならボトムスってそんなに見ないし、変化あるの?と思いますが、こちらは、ふとした時に全身を見ると変わってきます。

上半身は目立つとは言ったものの、単品ではオシャレかどうか判断出来ません。ニットを着ているからオシャレ、Tシャツを着ているからオシャレじゃない、なんて一概には言えませんよね。

オシャレかどうかを気づくのは、やっぱり全身のシルエットを見た時なんです。ココが整っているかそうでないかは重要なポイントです。

コーディネートは全身トータルのものなので、このアイテム使っていればオシャレ、なんてものはありません。

しかし、オシャレに見える要素として、シルエットを決めているのはボトムスというのは間違いありません。

ボトムスのシルエットが細いか太いか、レングスは長いか短いか、などで見える印象もずいぶん変わってきます。

コーディネートの印象はボトムスに引っ張られます。極論、ボトムスが良いものを選べていれば、トップスはある程度、テキトーに選んでしまってもそれなりにコーディネートは成立するものです。





「ボトムス選ぶポイント」素材感ディティールよりもシルエットが重要


前述の通り、ボトムスは単品ではそこまで目立たないパーツです。なので、コーディネートをどう格上げするかが重要です。

ボトムス選びで最も意識したいのは、シルエットと裾長さです。素材感やディティール、デザインは二の次でOK。

それぞれ解説していきます。

シルエット」について、

まずは細身やテーパードのものがオススメです。どんなコーディネートでも組みやすく、万能なシルエットとなります。

スリムなものというのは、スマートな印象でわかりやすくオシャレに見えやすいです。

また足が太くて、スリムなものは履けないなんて方にはテーパードも良いでしょう。テーパードとは、太もも周りはゆったりしており、裾にかけて細くなるシルエット。

日本人は特徴的に足が太い方が多いです。体格が華奢に見えても案外、足は太かったりします。

対して、欧米の方は上半身はガッチリしているようで足は細いもの。なんだかズルい様に感じますが、これは民族的にどうしようも無いものなのです。

だから日本人にはテーパードシルエットが似合います。

ボトムスが全体的にはゆったりしているので履いてもムチムチ感も出ないものの、裾だけ細いから結果シルエットは細く見えるのです。

足が太い自覚があったり、スポーツ体型の方にオススメのシルエットです。というか、日本人なら全ての人が素敵に見えるシルエットと言えるでしょう。

慣れてきたらワイドパンツなんてのもトレンドらしくて良いです。

ワイドパンツは気をつけないと野暮ったく見えたりと、着こなし的な難易度は上がりますが、どんな体型にでもハマります。

足が細くても太くても、それよりボトムス自体が太いので関係ありません。体型を隠せるシルエットなのです。

続いて「裾長さ」です。ボトムス選びでココが一番重要と言っても過言ではありません。

いくらシルエットやデザインが良いボトムスでも、ここが疎かではコーディネートが台無しです。

なぜなら、先端は最も目立つ箇所だから。オシャレは足元から、なんていう様に首、手首、足首など身体の先端は目立つ箇所です。

そんな足首付近の裾に溜まり(クッション)があると、やはり野暮ったい印象になってしまうんですね。

基本はノークッションという、裾に溜まりがない状態にしましょう。ボトムスにシワが出ず、スマートな印象に近づきます。

購入するボトムスが長い場合はお直しをしましょう。普通の洋服屋さんなら、店員さんにノークッションと伝えれば、その通りにお直ししてくれます。

最後に「素材感とデザイン」です。

前述の通り、ここは最初のうちは、そこまで重要な要素ではありません。ただ、洋服が好きになってきたら、こだわりのワンポイントとして吟味するのも楽しみかなと。

選び方としてはコーディネートのバランスを取る様に使い分けるのがよろしいかなと。

例えば、トップスがザックリ生地だったり、オーバーサイズのゆったりしたシルエットだったりしたと、子供っぽさや野暮ったさ、男らしさが目立つ場合。ウール素材やシンプルなデザインで大人っぽさを演出するとバランスが取れます。

逆にトップスなど他が大人っぽいなら、カッチリ見えすぎないためにも、ボトムスはややザックリしたコットン素材を選んだり、ポケットなどの装飾を増やしてもカジュアルさを出しても良いでしょう。

全体としてどんなコーディネートをするかで考えてみましょう。

良いボトムスというのは、価格が高いボトムスというわけではありません。そのコーディネートに適したものを引き立たせる、最適なものを選んであげることになります。


オススメのボトムス3選


それではオススメのボトムスを3つご紹介したいと思います。

UNIQLO スマートアンクルパンツ

テーパードシルエットの代名詞的存在。価格も安く、まずはコレってボトムスです。

ザックリとこんな特徴があります。

・テーパードシルエットで誰にでも似合う。
・アンクル丈なので、裾に溜まりができない。裾上げ不要
・スラックスデザインなので、キレイめに大人っぽく見える

万人にオススメできるボトムスです。

Photo by https://item.rakuten.co.jp/viajero1984/pt-c/

PT TORINO サマーウールパンツ

イタリアのパンツ専業ブランドPT TORINOのサマーウールパンツです。先程のユニクロと比べ価格帯は上がるけど、極上シルエットのスラックスです。

こちらは腰回りにタックがあるので、お尻周り太もも周りにさらにゆとりがあり、裾をギュっと絞ったテーパードシルエットになっています。

まずはユニクロのものを購入してみて、もうワンランク上を履いてみたい方にオススメ。

この手のスラックスは中途半端なものを購入するより、3万円以上、出すとかなり満足のいくものが買えます。

PT TORINO サマーウールパンツ
Photo by https://item.rakuten.co.jp/arknets/10057776/?iasid=07rpp_10095___ek-kocpfzi3-pgj-fbfd72b7-f47d-4493-b9c5-ff62cd7d18a2

STUDIO NICHOLSON / SORTE PEACHED COTTON TWILL VOLUME PLEAT PANTS

スタジオニコルソンのワイドパンツです。ワイドパンツながら、かなり大人っぽい雰囲気に仕上がっています。

オススメのポイントはひとえに、シルエットが素晴らしいから。

かなり深めのタックが入っているので、腰回りが絞られて、そこから下はストンと落ちています。メリハリの効いたシルエット遊びが楽しめます。

タックにより、縦線はあるものの横方向には全くシワがないので、かなりキレイに見えます。

たまにはワイドパンツでシルエット遊びをしてみたい、なんて方にオススメのアイテムです。

STUDIO NICHOLSON ワイドパンツ

以上。コーディネートにおける、なぜボトムスが重要なのか、そしてどんなボトムスを選べば良いのか、についてお話しました。

今回ご紹介したオススメのパンツも購入後に裾上げだけはして下さいね

それでは、今日の記事はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、次の記事でお会いしましょう。

「今回のコーディネートに使用したアイテム」

created by Rinker
リゾルト
created by Rinker
¥90,200 (2021/09/19 14:16:35時点 楽天市場調べ-詳細)

【オシャレの基本】素敵に見えるシルエット選びとは!?前のページ

【着こなしテクニック】タックインのススメ次のページ

関連記事

  1. オシャレ術

    センスを磨く前にやるべき断捨離

    皆さまは自身のクローゼットにある服を全て把握していますか?何…

  2. オシャレ術

    レザーアイテムの色選びとは!?鉄板の2色をご紹介します

    こんにちは。白須(しらす)です。本日は小ネタということで、レ…

  3. オシャレ術

    ファストファッションの上手な使い方とアイテムの選び方を解説します!【ユニクロ、GU、ZARA…】

    本日はファストファッションブランドの選び方についてご紹介したいと思い…

  4. コーディネート

    【今週のコーディネート】トレンチコートを着て、まだ少しだけ寒い春を乗り切る

    3月も中旬。日中はすっかり暖かく、春らしくなってきました。私も先日、…

  5. オシャレ術

    【徹底解説】シャツの基本の「き」

    こんにちは。白須(しらす)です。本日はメンズファッションの数…

  6. オシャレ術

    ベーシックカラーを知ろう

    もうすぐ、衣替えのシーズンということもあり、クローゼットを見返す機会…




  1. 小物

    PELLE MORBIDA 「MB026-被せ付ボストンバッグ」は荷物の多い現代…
  2. オシャレ術

    夏のマストアイテム!オープンカラーシャツの着こなしをご紹介
  3. 筆者のクローゼット

    UNIQLO UのTシャツを買ってみた
  4. オシャレ術

    【夏の必需品】サングラスは脱初心者の魔法のアイテム!おすすめもご紹介します!
  5. ネクタイ

    印象を大きく左右するネクタイ
PAGE TOP