オシャレ術

誰でも簡単に出来る!インディゴデニムの着こなし方をご紹介します!

最近、パンツといえばトレンド的にはスラックス一辺倒。ちょっと飽きたなぁという方も多いのではないでしょうか?

そんな方にはデニムがおすすめです!

でもデニムってちょっと野暮ったい印象でどう取り入れれば良いかわからない、なんて方もみえるかと思います。

今回はデニムの着こなしを詳しく解説したいと思います。





なぜ黒スラックスではなくインディゴデニムを選ぶのか?


今のシンプルなものが好まれるファッショントレンドからして、黒パンツやスラックスはすごく使いやすいです。

男性なら黒パンツを穿いておけば、「とりあえずは何とかなるだろう」という感じがありますよね。そう思って結局手に取るのはいつも黒系のパンツという方も多いかなと思います。

ただ黒パンツは夏場は暑苦い、キメ過ぎになってしまうという場合があります。
対してデニムは色選びで印象をガラリと変えられるんです。
スラックスと違い、デニムは履き方によりグラデーションがかった色落ちをするので適度にカジュアル感を与え、濃淡で季節感も演出できます。

スラックスと比べカジュアルなデニム。着こなしの表情を変えるのにはピッタリのアイテムなのです。

created by Rinker
リゾルト

デニムの選び方。ポイントは色とシルエット


一口にデニムといっても種類は様々。

ノンウォッシュのものは黒に近い濃紺だったり、長く履きこんだものは薄いアイスブルーだったり。
シルエットも細身のスキニー、裾まで一直線なストレート、裾に向かって細くなるテーパードなど、デニムの選択肢って案外多いのです。

ではどんなものを選べば良いのでしょうか?

まず前提としてデニムはカジュアルなアイテムです。
それはデニムがコットン素材のワークウェア由来のアイテムだからです。

それでも色やシルエットの選び方でけっこう見え方に差は出てきます。

具体的には

色は
ノンウォッシュなど濃いインディゴは綺麗めに
薄いブルーやアイスブルーはカジュアル

シルエットは
スキニーなど細身は綺麗め
ワイドはカジュアルに

こんな風に見えます。

つまり濃いインディゴの細身デニムはかなりドレッシーな雰囲気になるが、逆に薄いアイスブルーのワイドデニムはとてもカジュアルな印象。
そして薄く色落ちした細身はちょうど中間の見え方をします。といっと具合です。

コーディネートで組み合わせるアイテムによって、どんなデニムを選ぶのが良いのか考えていければ良いかなと思います。

それでは具体的にコーディネートを見ていきましょう。





カジュアルなデニムは合わせるアイテムを綺麗めに


まずはこちらのコーディネート。

デニムはアイスブルーのワイドのものです。「薄く淡い色×ワイドシルエット」とデニム自体にかなりカジュアルな要素が目立ちます。

こういう場合、組み合わせるアイテムは綺麗めを意識した方が良いでしょう。

今回は出来るだけクリーンに見えるように、シャツと革靴を選びました。
その他にもシャツも艶のある大人っぽい質感の素材にしたり、革靴も最もフォーマルなブラックを選んでいます。
細かいことですが、こういった気配りがお洒落に他とはどこか違う垢抜けた着こなしができるかと。

デートで少しキメたい、そんな時などにはこんな着こなしもアリですね。

またこの着こなしは「シャツ・デニム・革靴」で成立しています。
例えばこれがデニムではなくスラックスだと仕事帰りのビジネスマンのようなスーツスタイルになってしまうので、かっこいいけれど普段のおしゃれからは離れてしまいます。

デニムがカジュアルな分、その他のアイテムは綺麗めにしてバランスを取る。
このように考えるとコーディネートを論理立てて作れるようになります。


着こなしも綺麗にしてみよう


続いて、こちらのコーディネート。

濃紺のワイドデニムと白のロンTを合わせています。
パンツとトップスどちらもカジュアルな組み合わせです。
普通に着てしまうと子供っぽく野暮ったい印象になってしまいます。

なのでこちらは着こなしで綺麗さを取り入れ出来る。

具体的にはトップスの裾をパンツの中に入れるタックインを活用しています。

タックインはスーツにも使われる着こなし。
簡単に大人っぽさを表現できます。

タックイン、ちょっとハードルが高いように感じますがやってみると案外簡単に取り入れられます。
アイテムがカジュアルだなってときに綺麗めに寄せられるので便利です。

また同じ着こなしでもタックインかタックアウトするかで印象を変えられます。
こんな感じで選択肢を増やしておくと着こなしのバリエーションがぐんと広がるのでおすすめです。





細身のデニムはトップスにボリュームを出してバランスをとろう


お次はこちらのコーディネート。

やや色落ちしたブルーの細身ストレートシルエットのデニムです。
そこにストライプのシャツを合わせてみました。

デニム自体も細身でドレスライクなシルエット。
シャツも艶のあるブロード素材を選びかなり綺麗な雰囲気になっています。

そのまま普通に着てしまうとちょっと面白みがないコーディネートになってしまうかなと。

というわけで今回はシャツを大胆なオーバーサイズにしています。

こうするとかなり今っぽい仕上がりになったのではないかと思います。

細身のデニムはトレンド性もなく普遍的に使えるアイテムの一つです。
ただ今の時代感にベストマッチかというとそんなことはなく、今はやっぱりゆったりしたパンツが旬な時期。
とはいえトレンドではないからタンスにしまっておくというのも勿体ない話ですよね。
こんな風に他の部分で遊びを足してやると、ちゃんと今っぽい感じにまとまります。

またワイドシルエットのデニムはトレンド感溢れるもののハードルが高い、でもスキニーはちょっと今の気分ではない。そんな時はこんな着こなしも良いのではないかと思います。


トレンド感のある着こなしはこんな風に


最後にこちらのコーディネート。

濃紺のワイドデニムにややゆったりしたMA-1を合わせてみました。

上下ともにワイド×ワイドのトレンド感あふれるシルエット。
そこをアウターをショート丈にしてみました。
コンパクトな印象でまとまって見えるかなと思います。

そしてちらのコーディネートはアイテム的にはカジュアルな組合せです。

こんな時は色使いを出来るだけ綺麗なものにしてみるとバランスがとれます。

今回はデニムは濃紺、MA-1はブラック、インナーはホワイトとモノトーン系の色を中心に使ってみました。

またインナーにはニットを入れるこのとにより、大人らしい雰囲気に仕上がったかなと。

他のコーディネートもそうですが、こんな風にアイテムや着こなしにカジュアルさが目立つ時は他の要素を綺麗めに寄せてあげるとバランス良くまとまります。

以上。今回はデニムの着こなし方をご紹介しました。

どのコーディネートにも共通して言えるのは、綺麗めとカジュアルのバランスを保つとお洒落に見えやすいということ。
どちらにも偏りすぎない程よい着こなしを目指してみると良いかなと思います。

それでは、今日の記事はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、次の記事でお会いしましょう。

created by Rinker
¥11,000 (2021/10/24 17:38:05時点 楽天市場調べ-詳細)

【RAGEBLUE】今年はレザーシャツが買い!コスパ抜群のシンセティックレザーシャツ前のページ

【2021秋冬 UNIQLO U】これは見逃せない!スウェットギャザーパンツ次のページ

関連記事

  1. オシャレ術

    洋服を買わなくても良い!?夏を賢くオシャレになる方法!

    こんにちは。白須(しらす)です。夏場ってオシャレに見えにくい…

  2. オシャレ術

    【真夏の着こなし必見!】大人に似合うショートパンツの選び方

    7月も後半。すっかり夏という雰囲気で、日中はかなり暑くなってきました…

  3. オシャレ術

    最も使いやすいコーディネートの色合わせ

    コーディネートを組むときに、まず意識するのはアイテム同士の相性です。…

  4. オシャレ術

    大人が絶対に持っておくべき洋服。春のカジュアル編

    こんにちは。白須(しらす)です。本日は休日などのカジュアルシ…

  5. オシャレ術

    ファミマで靴下を購入した話。それと今後のアパレル業界動向について

    こんにちは。白須(しらす)です。2021年春夏シーズンより、…

  6. オシャレ術

    自分のスタイルを持つということ

    こんにちは。白須(しらす)です。今回も私が日々、感じているコ…




  1. オシャレ術

    【お店選びに迷える方必見!】大人にオススメしたい洋服セレクトショップ5選
  2. コーディネート

    【今週のコーディネート】トレンチコートを着て、まだ少しだけ寒い春を乗り切る
  3. ネクタイ

    印象を大きく左右するネクタイ
  4. 小物

    寒い冬のお供に johnstons カシミヤストール
  5. 購入品レビュー

    【発売直前】2021SS UNIQLO and JW ANDERSONで買うべき…
PAGE TOP