コーディネート

地味になりすぎない冬のお仕事コーディネート

年末も目前にして、ようやく真冬らしい気候になってきました。もう、外を歩くときはコートなしでは寒くていられません。

それどろころか、今年は感染症対策ということで、事務所のデスクワーク中にもある程度は換気をしています。朝なんかは屋内にいてもかなり寒いです。

さてさて、そんな冬のファッションってダークトーンのコートを着るので、黒っぽくて地味になりがち。

おそろらくほとんどの方がコートを選ぶとしたら、無地のネイビー、グレーかブラックあたりかと思います。私自身もそうです。

コートって高額アイテムなだけに無難なチョイスをしがち。あと色や柄物だと組み合わせるアイテムを選ぶのでなかなか冒険出来ないんですよね。それでいて、コートは生地面積が大きいだけにコーディネートの印象を決定付けやすいんです。

そして、とくにビジネスシーンでは中に着ているものもネイビーやグレーのものが多くいので余計に地味に感じます。

ビジネスシーンに派手さを表現したいわけではありませんが、なんだか単調に感じてしまいます。気分的にもう少しオシャレしたい、なんてときもあります。

というわけで、今回はそんなビジネスシーンでの差別化をテーマにコーディネートをしていきます。





シンプルな着こなしの中にアクセントを加える


outer : UNIQLO
jacket : UNITED ARROWS
shirt : order
tie : TIE STATION
bottom : THE SUIT COMPANY
shoes : REGAL
bag : PELLE MORBIDA
scarf : johnstons

こちらが今回のコーディネートです。ベーシックなジャケパンスタイルにて、さらりとコーディネートしてみました。

ネイビーチェスターコート、ネイビージャケット、ネイビータイ、グレースラックスに靴はブラックのプレーントゥ。そして、首にはキャメルのストール。

基本的には秋のコーディネートにコートを羽織っただけです。

そのままでは差別化できないので、今回、気を配ったのが

・コートの面積が大きく色合いが単調なので、ストールの差し色で華やかさを加える

・ストールを邪魔しないように、その他はネイビーとモノトーンのみ

冬のコーディネートで地味な印象にしてしまいがちなのが、ダークトーンのコートです。かといって、寒いのでウールのコートは手放せません。

そこでワンポイント加えるとオシャレなのが、ストール。コーディネートがベーシックな分、ここでアクセントを加えています。

ストールやマフラーは差し色にもなるので、結構明るめや色や柄物でも良いかと思います。

いつもコーディネートはネイビーとモノトーンなんて言ってますが、ここは鮮やかな原色を使っても素敵に見えるところかなと。レッドやイエロー、グリーンなんてのもコーディネート全体を華やかにしてくれます。

しかし、ビジネスの場でその様なマフラーをコートの外に出して首に巻いてしまうと、ちょっと派手かなと感じることもあるでしょう。

そんなときによく使う手段がマフラーは垂らしてコートインする、という方法。

キャメルカラーがコートからチラチラ覗く程度で、そこまで主張はしません。

これくらいが、さりげないオシャレかなと感じます。

このストールを首から垂らすという方法は、一見寒そうに見えますが、首の後ろはしっかり覆えているし、ストールはお腹を覆っているので案外暖かいものです。

ジャケットやチェスターコートってどうしても前側にボタンがあり開くので、ここの防寒性が低いです。これをストールで補うことが出来るんです。

この首から垂らすという方法、まんまりやっている人を見かけませんので、ちょっと玄人っぽさもでます。周りとの差別化にもなりますので、是非試してみて下さい。

また、ストールは大判のものがオススメです。

私が今回使ったストールは長さ200cm×幅70cmです。長さは普通ですが、幅が通常のマフラーの2倍はあります。

この幅の広さから、首から垂らすだけでもたっぷりボリュームが出て暖かいんですよね。

しかもこれだけ大きさがあるので、会社に着いたら、そのまま膝掛けにもなります。移動中から会社にいる間ずっと使えるので何かと便利なのです。





テンプレの中にも個性を


コートは室内では脱いでしまいます。オーバーコートは移動中のみに着て、1日のほとんどはコート無しのスタイルで過ごすことになるでしょう。

私の職場はそこまで堅い服装を求められているわけではありません。ネイビージャケットにグレースラックスなんて、テンプレみたいなジャケパンスタイルがほとんど。たまに外出する予定があるときはネイビースーツを着用するくらいです。

このジャケパンスタイルになってしまえば、秋と変化ありませんね。

とくに今っぽいということであれば、ジャケットの下にウールのカーディガンは常に着て着ることくらいです。

ネイビージャケット + シャツとカーディガン + グレースラックス

寒い時期の仕事日はこんなテンプレートでコーディネートをすることが多いです。というかほぼこれしかしてません。

日によって、カーディガンをクルーネックのニットに変える。生地も普段はハイゲージのメリノウールでキレイな雰囲気ですが、とびきり寒い日には肉厚のラムウールに変えてみたり。

あくまでビジネスなので、目立たない変更くらいがいい塩梅。

ちょっと遊び心なさすぎかな?と反省点を残しつつも、実際にはこれくらいシンプルが丁度よく感じます。

差別化ということでは胸にチーフを挿していることぐらいでしょうか。案外、チーフって使っている人が少ないです。

月並みですが、チーフはシャツの色を拾ってホワイト。またこのくらいであれば派手さもないので、気恥ずかしさも感じにくいラインかなと。

柄物のチーフもオシャレではあるんですけど、なかなか見慣れない方が多いかなと思います。私は柄物のチーフも好きなんですけどね。日本ではまだまだ浸透していないイメージです。

というわけで、以上が私の冬のお仕事コーディネートです。

皆様も是非、ご自身に合ったコーディネートを考えてみて下さい。

それでは、今日の記事はここまでです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、次の記事でお会いしましょう。

【UNIQLO購入品】永遠の定番 チェスターコート前のページ

カジュアルシーンの強い味方 ! L.L.Beanのトートバッグ次のページ

関連記事

  1. コーディネート

    冬のディナーデートにこんなコーディネートはいかがでしょうか?

    こんにちは、白須(しらす)です。最近は朝晩かなり冷え込むよう…

  2. スーツ・ジャケパン

    【お洒落は失敗から学ぶ】新しくネイビージャケットを新調した話

    メンズファッションにおいて、「まず持っておきたいアイテム」としてよく…

  3. コーディネート

    【今週のコーディネート】サマーニットを活用した夏コーディネート

    こんにちは。白須(しらす)です。7月も終盤。ついに夏本番とい…




  1. オシャレ術

    オシャレのコツはTPOを意識すること
  2. 小物

    【最強の1本】何も気にせずガシガシ使える腕時計 SEIKO PROSPEX
  3. 筆者のクローゼット

    UNIQLO UのTシャツを買ってみた
  4. 購入品レビュー

    秋服で買ってよかったものベスト3
  5. 購入品レビュー

    【まずはこの一着があれば間違いない!】UNIQLO Uのエアリズムコットンオーバ…
PAGE TOP