オシャレ術

大人が絶対に持っておくべきドレスアイテムとその選び方

こんにちは。白須(しらす)です。

本日はフォーマルシーンにおける、大人が絶対に持っておくべきドレスアイテムをご紹介したいと思います。まずはコレがあれば間違いない、という鉄板アイテムのみを厳選してみました。

フォーマルシーンというと、ビジネスや冠婚葬祭などが対象となるわけなので、基本はスーツスタイルとなります。

そして、スーツスタイルはシンプルに大人らしさを表現でき、誰が見てもカッコ良い魔法のようなコーディネートなのです。だって、スーツを見てネガティブな印象を持つことって無いですよね。

スーツスタイルなんて普段からやってるんだからどういうものか分かってるよー、という方も多いと思います。

そうなんです。スーツスタイルってビジネスで普段から着用したり、ある程度 常識的に認知されてきるので、大きく外れたコーディネートをしたり、何を合わせて良いのかわからないという方は少ないかと思います。

ゆえに人と比べてオシャレに見せにくいのは事実。となると細かいポイントを積み重ねて差別化していくしかないのです。

そして、スーツの差別化とは究極にベーシックを極めること。普通の合わせなのになんだか人より素敵に見える、こんなところがスーツスタイルを最も輝かせてくれます。

今回はどんなアイテムを持つべきかということに加えて、こういうもの選ぶと素敵ですよ、ということをザックリとお話していければなと思います。

それでは、早速いってみましょう!





スーツ


まずはドレスの基本にして頂点、スーツです。

ビジネスだけでなく、冠婚葬祭など様々な場面で使える1着。普段お仕事でスーツは着ないという方も、何かと着用する機会はあるかと。大人が必ずおさえておくべきアイテムになります。

そして、スーツにトレンドはありません。究極にシンプルでベーシックなものが最も素敵に見える、そんなアイテムです。

スーツの選ぶポイントは小さなものを含めたら無数にありますが、今回はザックリとサイズ感、素材に分けて考えたいと思います。

まずはサイズ感について、こちらはジャストサイズを選びましょう

ジャストサイズをザックリと表現すると、着た時にシワが出来ない最も小さなサイズとなります。

スーツは細身の方がシャープにスタイリッシュに見える用に出来ています。しかし、度を超えて小さいスーツは動きにくく窮屈に感じたり、変にシワができたりとかえって不恰好に見えます。

かと言って大きいサイズのものはダボダボしたシルエットになり、それはそれで美しくありません。

シワが出来ないというのは、大き過ぎず小さ過ぎず程よくゆとりがある証拠になるので、その範囲で小さいものがジャストサイズとなります。

色はネイビーかミディアムグレーがもっとも使いやすいです。素材はもちろん艶のあるウールがベストです。しかし、最近は機能性素材も進化しており、なかなか上品なものが出てきています。

とはいえ初めは良いものが何か見分けがつかないかと思います。まずはウールの艶のあるモノを購入する。そこで審美眼を鍛えて良いものがどういうものかの判断基準が出来てから、その他の素材に手を出すのがよろしいかと思います。


ネイビージャケット


ネイビージャケットはビジネスで着用できるのはもちろんのこと、ややカジュアルな場面でも着まわせる汎用性の高さもあります。

サイズ感はスーツのジャケットと変わりません。

小さいものは前ボタンをしめたときに変なシワがよったり、大きいものは肩が余ってダボダボしています。

困ったら店員さんにジャストサイズでということを伝えれば、ぴったりのサイズ感を選んでいただけるかと思います。

スーツと違うのは生地感とディテールです。

艶のある生地ではなく、ザックリ編みの生地になっていたり、パッチポケットや芯材の少ない軽い仕立てやアンコン仕立てになっていたり。好みの範囲でカジュアル寄りにしていくのがよろしいでしょう。

そしてこのように、ややカジュアルな雰囲気を出すことで、スーツとの使い分けや普段着としての親和性も高めてくれます。


グレースラックス


続いて、グレーのスラックスです。

先程のネイビージャケットと組み合わせて、ジャケパンスタイルとしてビジネスで着用できます。

こちらも選び方はスーツ同様、ジャストサイズ。

出来るだけタイトなものを選びつつも少しゆとりがあるものを選びましょう。

スーツスタイルはシワがなく直線的に見えることが理想なので、太ももがピタピタ過ぎたり、靴下がずり上がってしまうくらい細い裾幅は御法度です。

またスラックスはセンタークリースという足の真ん中にアイロンでつけた折り線があります。このセンタークリースがあるおかげでシャープな印象があり、そこまでピタピタのものを選ばなくてもスッキリ見えます。

グレースラックスの利点はその汎用性の高さ。

私は夏などはポロシャツとグレースラックスを組み合わせたビジネスカジュアルなんかに使ったりします。

もっと暑い真夏は半袖のものにしたり、足元をローファーに変えれば、わりと涼しくもビジネスらしさは失わずに過ごしていけます。

その他にも休日のカジュアルシーンでも使えるほど。こんな風にコットンのジャケットに合わせたスタイルもなかなか良いものです。

正直、このグレースラックスが最も汎用性の高いドレスアイテムなのではないかと思います。


革靴


スーツスタイルに必須の革靴。

最近はビジネスカジュアルということでスニーカー通勤なるものが流行っていますが、商談など大事な場面では革靴を履かないというわけにはいきませんよね。

また、革靴もわかりやすくドレッシーで大人らしい雰囲気を出せるアイテムです。

革靴はビジネスで使うのであれば、ストレートチップかプレーントゥが最もベーシック。

内羽根か外羽根かはご自身の環境によって決めてしまっても良いでしょう。外回りが多いなら外羽根が動きやすく適していますし、そうでないなら内羽根の方がフォーマルではあります。ビジネスという範囲ならどちらでも使えるデザインになります。

また革靴はフィッティングが非常に重要です。靴づれして痛い革靴は履くのが億劫になってしまいますからね。ご自身にベストなフィッティングを把握されていない方は、素直にお店の店員さんにぴったりのサイズを選んでもらう方がよろしいかと思います。


白シャツ


そして、スーツスタイルには欠かせないシャツです。中でも「白シャツ」はタイドアップスタイルには必ず必要といってもよいくらい重要なアイテム。

襟型はセミワイドカラーという襟が少し開いたものがベーシック。色はブルーなんかもアリですが、まずは何んでも着まわせる白が良いでしょう。サイズは苦しくない範囲でタイトシルエットなものを選びましょう。

素材は適度に艶のあるコットンのものが、スーツを引き立ててくれるので良いでしょう。

最近はノンアイロンのものが多く打ち出されており、こちらは非常に使い勝手が良いです。

風合いはノンアイロン加工でない方が艶もあり美しいのですが、多忙なビジネスマンが毎日アイロンがけするのは現実的ではないので、ここはノンアイロンタイプがオススメです。

洗濯機で洗った後にパッと手でシワを伸ばして、干せば翌日にはシワのないシャツを着ることができます。


ネイビーネクタイ


Vゾーンの主役、ネクタイです。中でもネイビーのネクタイはどんな色のスーツにも合わせやすいです。

正直、ビジネスシーンであればネイビーのネクタイさえさえあれば問題ない、といえるくらいです。

素材はシルクのものが艶があり、スーツとマッチするのでオススメ。

ネクタイの大剣先の太さは好みで選んでしまっても良いのですが、あえて言うのであればスーツのラペル幅と合わせておけば統一感があり間違いがないです。大体7.5~8cm幅くらいのものが多いです。





バッグ類


ビジネスには書類などを持ち運ぶバッグが必要です。

スーツに特化したものであればブリークバックがベスト。信頼感と清潔感のあるイメージで、仕事の成果に期待できる、そんな印象をもっていただけるでしょう。

靴同様に素材はレザーで、色はブラックがオススメです。ドレッシーな装いなるだけでなく、靴やベルトとの統一感も生まれます。

その他にも、ヘビーに使うビジネスマンにはナイロンなどの丈夫な化繊なんてのもOK。ここは目的や用途に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。


腕時計


ドレスにおけるアクセサリー、腕時計です。みな同じデザインのものばかりのスーツスタイルの中で唯一、人と違うところを表現できるアイテムになります。

時計本体は小ぶりのメタルのものが望ましいです。ベルトはレザーでもメタルでもどちらでも良いのですが、どちらかと言えばレザーの方がオススメ。

レザーの方がドレッシーなだけでなく、金属色が弱まるので、普段着にも合わせやすくもあります。特に休日にレザースニーカーなんか履く時はレザーベルトは親和性が高く、なかなか万能に使えてしまいます。

値段は高いモノも安いものもどちらも魅力的。

安価なモノでも見た目や仕事をこなす上では何の問題もありません。そして、高価なものはそれなりの所有感もあり、どちらにも良さがあります。

ただし、まだ他のアイテムを揃えきれていないのであれば、無理をしてまで高価なものを購入する必要はありません。

まずは安価なものからチャレンジして、その後もっと所有感のあるものが欲しければステップアップしてくのが良いかと思います。

以上。大人が絶対に持っておくべきドレスアイテムとその選び方をご紹介しました。

今回は少し駆け足でザックリと大枠をお伝えしました。やや端折ったような内容になっていますので、もっと細かい話もそのうち出来ればなと思います。

それでは、今日の記事はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、次の記事でお会いしましょう。

GLOBAL WORK×RING JACKET の最強セットアップをご紹介します!前のページ

【UNIQLO+J 2021SS 購入品】上質な素材が光る シルクコットンクルーネックセーター次のページ

関連記事

  1. オシャレ術

    グレースラックスのすすめ

    こんにちは、管理人の白須(しらす)です。先日の挨拶以降、初と…

  2. オシャレ術

    衣替えということでスラックスを洗ってみた

    こんにちは、白須(しらす)です。最近、朝晩は冷え込むようにな…

  3. オシャレ術

    初心者にオススメのファッション学び方

    皆さまはファッション情報の収集に、何をお使いでしょうか?最近…

  4. オシャレ術

    ホコリ取りだけじゃない、ブラッシングは洋服を美しくする

    まだまだ寒い日が続いています。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。…

  5. オシャレ術

    大人が絶対に持っておくべき洋服。春のカジュアル編

    こんにちは。白須(しらす)です。本日は休日などのカジュアルシ…




  1. 購入品レビュー

    【GU×UNDERCOVER購入品レビュー後編】隠れた名品はコレだ!
  2. スーツ・ジャケパン

    【ずり落ちない靴下】おすすめのロングホーズ
  3. オシャレ術

    オシャレのコツはTPOを意識すること
  4. コーディネート

    着こなしによる春っぽさ、季節先取りのコーディネート
  5. オシャレ術

    【コーディネート特集】LACOSTE( ラコステ)のポロシャツを使った着こなし3…
PAGE TOP