書籍レビュー

【書籍レビュー】フランス人は10着しか服を持たない

こんにちは 白須(しらす)です。

最近、少し時間が出来たなということで、前々から奥さんにススメられていた書籍を読んでみました。

その本はこちら。

「フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣」
著 : ジェニファー・L.スコット

最近、ウチの奥さんはヨーロピアンにハマっているようで、この社会情勢でなければ旅行いけるのにねー、みたいなことをよく口にしています。

私も気分だけでもパリを味わいたいと思い、読んでみました。

今年は私自身もラコステやセントジェームスなどフランスブランドの服をよく着たので、パリの生活にはちょっと興味がありました。

そして、この本がオシャレの考え方としてなかなか得るものがある内容でしたので、今回ご紹介したいと思います。

若干、ネタバレも含みますのでご承知の方は続きをどうぞ。


フランス生活が変えた服に対する考え方


まず、この本はコーディネートのノウハウを具体的に伝えるものではありません。

ライフスタイルを含めたオシャレに対する考え方やあり方に向き合う上で、ヒントを与えてくれる。そんな一冊です。

「もっとわかりやすい本を紹介してくれよ!」と聞こえてきそうですが、オシャレをするためにベースとなる考え方が詰まってます。

こんな風に書くと難しくて読みにくそうなイメージですが、著者のフランスでのホームステイ生活がコミカルに描かれているもので、読んでいて飽きません。

著者はカルフォルニア出身なのですが、言い回しが想像通りのアメリカンな雰囲気で、コメディードラマを見ている気分になれます。

この本が伝えたいことは、現代社会での家族のあり方や日常の楽しみ方、知識を身につけ、考えることをやめないことだと感じました。

服のことに的を絞ると、自分らしいスタイルを確立することの大切さと、その方法が書かれています。

似合わない服やテンションの上がらない服、破れたり傷んだ服はすぐに捨てて管理できる数に絞りなさいということ。

少ないワードローブで着こなし、自分が最高に素敵だと感じる服のみを厳選出来れば、いつ誰と会っても恥ずかしくない、そんな考えです。

つまり、常に1番のコーディネートをしなさいってことなんですね。

この辺りは私も「そうだよねぇ」と感じるとこでした。

私自身も着ない服はすぐに手放すようにしていますし、今季使う服の中からある程度、目的別のコーディネートを考えておくように心がけています。

服が少なければコーディネートに迷いも生まれないし、考える時間も短縮できれば服以外のことに専念することが出来ます。

服はあくまで自分を演出するアイテムであり、生活の中心にはならないのが理想なんじゃないかなと思わされました。

その他にコレは刺さるなと思った文章がこちら


だれでもつい、手持ちの服と合わない服を買ってしまった経験はあるだろう。新しく買った服を着るために、それに合うアイテムを買い足さなくてはと思ったら、失敗した証拠だ。
本文引用

これはグサっときましたね。私自身よくあることです。

コートを買ったらそれに合うインナーがなくて、ニットを買い足そうか悩んでいました。しかし、コートに似合うニットは、そのコート以外の手持ちアイテムには似合わない。

つまり、私が買ったコートは、今の私のスタイルではなかったんですね。

今、思い返すとやってしまったなぁという気持ちになります。


私もこんな発信がしてみたい!


この本の著者は読者に対して、友達みたいに語りかけてきます。読み終えるとすっかり著者ジェニファーと友達になった気分です。

そんなジェニファーが何度も言うフレーズが「自分らしいスタイル」。

服って流行を追い求めるのも楽しいです。ここ数年はビッグシルエットが流行り私も少なからずその流れは取り入れています。

しかし、それが自分らしいスタイルかと問われれば疑問が残ります。

もちろん、よく考えれば今の気分には合っているのですぐにやめることはないけれど、常にこうやって自分に問いかけることをやめてはいけないかなと思います。

自分らしいスタイルを確立すれば、欲しい服や必要な服はコレだと自ずと定まります。無駄な買い物をしなくなることは良いですね。

そして、本というのは不思議なもので著者の見た風景を感じさせてくれます。

今はスマホでなんでも調べられる時代です。情報だけであれば、すぐに手軽に検索出来ます。

しかし、人の経験やその空気感みたいなものは、文章という流れがあるからこそ成り立つように感じます。

こういった経験者の体験を伝えるのは本の優れている部分です。

私もジェニファーの様に体験からくる知識を伝えていければなと改めて思いました。

この本は服に興味を持ち始めた方も、現在好きな方も、絶対に役立つ体験談を知ることが出来ます。興味を持たれた方はこの本をぜひお手に取ってみてはいかがでしょうか?

それでは、今日の記事はここまでです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、次の記事でお会いしましょう。

○商品リンク

フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣

ミリタリーアイテムはドレスファッションと相性が良い!?前のページ

UNIQLO活用術とオススメ購入品次のページ

関連記事

  1. 書籍レビュー

    UNIQLO +J 2021SS コレは注意した方がよいアイテム5選

    こんにちは。白須(しらす)です。先日、フルラインナップが発表…

  2. オシャレ術

    初心者にオススメのファッション学び方

    皆さまはファッション情報の収集に、何をお使いでしょうか?最近…

  3. オシャレ術

    センスを磨く前にやるべき断捨離

    皆さまは自身のクローゼットにある服を全て把握していますか?何…




  1. オシャレ術

    【着こなしのテクニック】袖まくりのやり方をご紹介します!
  2. スーツ・ジャケパン

    【お洒落は失敗から学ぶ】新しくネイビージャケットを新調した話
  3. コーディネート

    【今週のコーディネート】夏になるとシャツのビジネススタイルは暑くないですか?夏を…
  4. 筆者のクローゼット

    【商品レビュー】GIORGIO STAMERRA(ジョルジオ スタメッラ)の私が…
  5. 購入品レビュー

    【2021秋冬 UNIQLO U】これは見逃せない!スウェットギャザーパンツ
PAGE TOP