革靴・スニーカー

素敵な革靴の選び方

百貨店の革靴コーナーに行くと沢山の靴が並んでいます。

革靴は服と違って、ほぼ黒系ばかりでシルエットも似たようなものが多く、何から選んで良いのかすごく分かりにくいですよね。

今回はそんな革靴の具体的な選び方をお話します。

先日、革靴がおすすめな理由を書かせて頂きました。まだ読まれていない人はこちらもどうぞ。


押さえておくと使いやすい3つのデザイン


革靴は目的によって使い分けることをオススメします。

ひとくちに革靴といってもドレッシーすぎてカジュアル場面では使いにくいものや、逆もまたあるためです。

まずはご自身に必要なデザインから考えるのが良いでしょう。

そこで、まず持っておくべき3種類をご紹介します。

内羽根ストレートチップスーツ

スタイルから冠婚葬祭までこなせる究極のフォーマル靴。

おそらく、どなたでも1度は購入したことがある形なのではないでしょうか。非常にベーシックで使いやすいものです。

ローファー

カジュアルをメインで使います。デニムやカーゴパンツに合わせると、適度なキレイめ感を演出してくれます。

革靴の中では比較的脱ぎ履きが簡単です。ちょっとそこまで、みたいな用途にも使えます。

外羽根プレーントゥ

スーツからデニムまでなんでもこなせる万能選手です。私の場合はジャケパンスタイルや、キレイめに見せたい時にデニムなどと合わせます。

先ほどの内羽根ストレートチップ、ローファーと比較してちょうど中間の立ち位置になります。

外羽根ですので履きやすく、歩きやすいのもポイントです。


選ぶときは、価格とサイズに注意


価格

少々高いと感じるかもしれませんが、3万円以上のものを選びましょう。

この辺りになってくると、いわゆる見た目は革靴、造りはスニーカーの様なものが排除でき、本格的な革靴が選べるようになります。

グッドイヤーウェルテッド製法の靴であれば、すり減ったソールの張り替えができます。結果的に何度も靴を買い直すより経済的な場合もあります。

サイズ

こればかりは千差万別。フィッティングも含めてその人に合うものを探すしかないです。

また、絶対に試着しましょう。

服はサイズがわかってくるとネットでも買える場合もありますが、靴はそれが出来ないと思った方が良いです。

適正サイズがスニーカーより1〜2cmも小さいこともあります。

靴のメーカーが変わればサイズも変わってしまうので注意が必要です。

素材

基本は子牛から取れる上質は革(カーフ)を選ぶのが良いでしょう。ただし、きめ細やかな革なので取り扱いには注意が必要です。

また、子牛のほうが1頭あたりから取れる革の面積も少なくなるので当然、値段も高くなります。

ブーツであれば丈夫な革で男らしさを演出するのも良いでしょう。

また、ソールについては好みの部分もありますが、私は出来るだけラバーソールのものを選ぶようにしています。

レザーソールのドレッシーな雰囲気も好きですがラバーソールの方が寿命が長く交換費用も安く済みます。

あとレザーソールは雨の日コンクリートの上で滑ります。私自身も駅のホームで何度も滑りそうになったことがあります。

ラバーソールのおすすめはビブラムソールです。

元々、軍隊や登山での使用を前提に作られていますので、丈夫なだけでなくソールも分厚いため足が長く見えスタイルアップ効果もあります。

はじめ購入したときはレザーソールでも、ソール交換のタイミングでラバーソールに変えてしまうのも良いでしょう。

ドレスファッションにおける革靴にトレンドはありません。

長く使えますので多少、背伸びをしてでも良いものを購入しましょう。

革靴メーカーってすごくたくさんある


ジョンロブ、チャーチ、トリッカーズ、J.M.WESTON、パラブーツ、オールデン etc… 上質な革靴メーカーってすごくたくさんあるので何が良いのかは、その人のスタイルやフィッティング次第です。

では答えにならないので、私が所有している中から3つオススメをご紹介します。

SCOTCH GRAIN  IMPERIAL Ⅱ

colour : ブラック
size : 23.5

5万円ほどでこのクオリティの革を採用しているのは国産メーカーならではといったところです。

また、SCOTCH GRAINであればベーシックなものは何を買っても大きく失敗することはないでしょう。

私の住む地域には本品の取り扱い店がないので、銀座の直営店まで買いに行ったのは良い思い出です。

REGAL  Built to order system

colour : ブラック
size : 23.5

最も有名な国産革靴メーカーではないでしょうか。

ラバーソールの本格革靴って意外と少ないんですよね。無いならはじめからオーダーしてしまえということで購入しました。
(本品はダイナイトソールです。)

パターンオーダーですので、デザインの組み合わせのみ選び、木型は通常ラインと同様です。

私の場合、フィッティングはSCOTCH GRAINよりこちらの方がしっくりくると感じております。

Crockett&Jones  CAVENDISH 3

colour : ブラウン
size : 5

ここにきて海外メーカーですね。上記のものより若干値段は張りますが、こちらも素敵なローファーです。

このローファーの特徴は、かかかとが抜けないことにあります。(もちろん、個人差はあります。)

ローファー=怠け者と言われるように、かかとをパカパカさせて、スリッパのように履くのが本来です。

しかし、歩き姿としてはピッタリ足にあった靴の方が美しいです。

まだあまり履き込んでいないので、これからグッドイヤーの沈み込みで若干サイズ感はかわるかもしれません。

アッパーにあるタッセルという革飾りが良いアクセントになっています。

革靴のすすめ前のページ

【2020年AW】UNIQLO U何を買おうか問題次のページ

関連記事

  1. 革靴・スニーカー

    私が愛用するシューケアグッズをご紹介します

    皆さん、革靴は磨いていますか?革靴は定期的に手入れをしてあげ…

  2. 革靴・スニーカー

    【靴の中に入れるだけでシューケア】シューキーパーのすすめ

    こんにちは。白須(しらす)です。先日に続き、本日もシューケア…

  3. 革靴・スニーカー

    革靴のすすめ

    「お洒落は足元から」と言われているように意外と人から見られている部位…

  4. 筆者のクローゼット

    「無いなら作ってしまえ!」パターンオーダーの革靴を仕立てた話

    こんにちは、白須(しらす)です。メンズファッションでオーダー…

  5. 筆者のクローゼット

    スマートなフォルムが美しい革靴Crockett&Jones CAVENDISH3

    こんにちは。白須(しらす)です。本日も私のクローゼットから、…

  6. 筆者のクローゼット

    【SCOTCH GRAIN】スーツスタイルにぴったりのストレートチップシューズ

    ここ数年、仕事用の革靴は3足をローテーションしています。ローテーショ…




  1. 購入品レビュー

    UNIQLOU 2021年SS発表!気になるアイテムをチェック
  2. 購入品レビュー

    秋服で買ってよかったものベスト3
  3. 購入品レビュー

    【UNIQLO感謝祭 第1弾】絶対に見逃せないお得アイテムはコレだ!
  4. ヘアスタイル

    今日は何をする?目的により使い分ける2つのスタイリング剤
  5. 小物

    キャッシュレスの時代にあえて長財布
PAGE TOP