購入品レビュー

【GU×UNDERCOVER購入品レビュー前編】今回もアウターが熱い!

本日は先日発売になった、GU×UNDERCOVER (アンダーカバー)のアイテムをご紹介します。

こちらはお洋服量販店のGUとデザイナーズブランドであるUNDERCOVER(アンダーカバー)のコラボ企画。

2021年春夏に開始され、今期が2回目のコラボです。

前回の春夏では、私も買えたら買おうかなくらいに思っていたら、当日に目ぼしいアイテムは完売してしまいました。というわけで今回は気合いを入れて、発売日当日に購入してみました。

今回も完売必須の超人気企画です。

今回は前編ということで、ひとまず店舗で買ったモノ2点をご紹介します。オンラインストアで購入したものもあるので、そちらは後編としてまた詳しくご紹介します。

また、こちらのGU×UNDERCOVERは販売店舗がかなり限られています。どこのGU店舗でも置いてあるわけではないのでご注意ください。ちなみに私がよく行く名古屋地区ではフルラインナップ店舗は2店舗しかありませんでした。近くで売ってないよー、という方はオンラインストアを活用すると良いでしょう。





シルエットが美しい「MA-1ブルゾン UNDERCOVER」


GU×UNDERCOVER
MA-1ブルゾン UNDERCOVER
価格 : ¥4,990
色 : ブラック
サイズ : M

https://www.gu-global.com/jp/ja/products/E338423-000/00?colorDisplayCode=09&sizeDisplayCode=004

GU×UNDERCOVER 、まず1点目はこちら。MA-1ブルゾンです。

こちらは今回のコラボでも最もキーアイテム。

MA-1の様なブルゾンタイプのアウターはアンダーカバーが最も得意とするジャンル。しかもMA-1トレンドアイテムでもあるので、大注目の一品です。

こちらのMA-1は、
・背中のロゴプリント
・身丈より長くなった前ジップ
などデザインが特徴的なものになっています。

とはいえ、やり過ぎておらずシンプルに合わせられるアイテムです。

ロゴもしっかりとデザインされたもので、かなりカッコ良いです。これだけでもかなり満足感があります。

普通のMA-1として着られるんだけど、よく見るとちょっと遊び心がある。このくらいの感覚で着てあげられます。デザインがあってもカジュアルになり過ぎず、私たち20代30代の大人でも取り入れやすいアイテムに仕上がっているかなと思います。

着てみるとこんな感じです。

シルエットが非常に綺麗で良い仕上がりです。

肩から腕先にかけて一続きに弧を描くように丸くなっているのがわかるかと思います。そして首回りと裾は細いんだけど、腕や胴体の中心にはしっかりボリュームがあります。メリハリの効いたシルエットで着た時の姿がとてもバランスが良いです。

私は165cm/53kgにて普段はS〜Mサイズを選びます。今回はいつも通りのMサイズを選びました。

それなりにオーバーサイズに仕立てられているアイテムです。いつものサイズを選ぶと、ちょうど今っぽいゆるめのシルエットで着てあげられるかなと思います。

MA-1らしいワイドショートなシルエットで、身幅や袖幅がかなり広く着丈がかなり短いのがわかります。

生地はしっかりとした厚手のナイロン生地。適度な光沢感もあり高見えします。そして、表地と裏地の間には中綿が詰められています。

生地が丈夫だと張りがあり、お洋服が変形しにくいです。そこに中綿が詰まっているので、風船の様に膨らんだボリュームのあるシルエットに仕上がっています。これによりMA-1らしさをしっかりと表現出来ているのかなと。

また防寒性もなかなかのものです。

11月初めの今の時期では、日中着ていると少し暑いくらいです。中にニットを着込めば、真冬でも十分越せるでしょう。

MA-1はユニクロでも展開があり、あちらもかなり完成度が高いです。

今回のGU×UNDERCOVERとユニクロの最大の違いは、やはりシルエット。

GU×UNDERCOVERが身幅の広いトレンドライクなシルエットなのに対して、ユニクロはスッキリシルエットで綺麗に着れます。

個人的には今回のGU×UNDERCOVERの様な変化球的な提案は好みですが、ユニクロもシンプルに着回すにはなかなか良いですよね。

ここは好みで選んで良いかと思います。

いずれにせよ、MA-1は今期大注目のトレンドアイテムです。それでいて昔からあり長くも使えるのですので、良いもの一着持っていると重宝するかと思います。

そして今回のコラボ企画としても、最も人気が集中したアイテムです。オンラインストアでは在語がかなり少なくなっているようですが、店舗にはまだ在庫がありそうです。欲しい方は早めにチェックしてみて下さい。





トラディショナルなアイテムをトレンドシルエットに「パデットツイルブルゾン UNDERCOVER」


GU×UNDERCOVER
パデットツイルブルゾン UNDERCOVER +E
価格 : ¥4,990
色 : ベージュ
サイズ : M

https://www.gu-global.com/jp/ja/products/E338425-000/00?colorDisplayCode=32&sizeDisplayCode=004

続いて2点目です。

こちらもブルゾンでヴィンテージ風スイングトップといっとところでしょうか。バラクーダのようなトラディショナルなデザインが特徴的です。

ヴィンテージ感を思わせる理由の1つが生地。コットンの素材で、少し色褪せた色合いや毛玉でもありそうな起毛感のある風合いが特徴的です。

また裏地がチェック柄になっていたり、ドッグイヤーカラーという開けると垂れるけど、閉めるとスタンドカラーになる襟型など所々に古着にありそうなデザインが使われています。

前身頃の裾にはコラボアイテムとわかる刺繍があったりしますが、生地色と近い色味でそこまで主張していません。シンプルに着てあげられます。

他にもボタンもコラボオリジナルのものになっていたりと、なかなかこだわりが凄いアイテムです。

雑誌FUDGE(ファッジ)風の英国ファッションが好き、トラディショナルなアイテムが好きなんて方にはぴったりのアイテムかなと思います。

着てみるとこんな感じです。こちらもいつも通りのMサイズを選びました。

このアイテムもめちゃくちゃ雰囲気がありますね。羽織るだけでお洒落上級者気分が簡単に味わえます。

古着みたいなんだけど、どことなく今っぽさみたいなものも感じます。これはデザインは完全にトラディショナルなスイングトップですが、違いはシルエットにあります。ボリュームのあるワイドシルエットになっており、そこがデザイナーズブランドを思わせるアクセントになっています。

こういうアイテムは普通に着るとおじさんっぽくなりがちですが、シルエットでちゃんと今っぽさを表現。バランスの取れたアイテムに仕上がっています。

色展開はベージュとブルーの2色で、

おすすめは断然、ベージュです。

どちらの色もヴィンテージ感はうまく表現できたいるのですが、ブルーはショート丈のブルゾンということでちょっと作業着感が出てしまっているかな。

ベージュの方がベーシックに着てあげられるでしょう。またこれくらい明るい色味なら春に着ても似合いそうです。

最後にコーディネートについて。

こちらはコットン素材のブルゾンということでカジュアル見えするアイテムです。コーディネートは綺麗めなアイテムと組み合わせてあげるとバランス良くまとまります。

例えばハイゲージのニットに細身のスラックスなんかと合わせてあげると、大人っぽくも小慣れた雰囲気が着てあげられます。他にはトレンドライクなワイドパンツと合わせる時は、カジュアルになり過ぎないようにブラックなどの落ち着いた色を選んであげると良いでしょう。

以上。
それでは、今日の記事はここまでです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、後編も是非読んでみてください。

5000円で全身コーディネート!GUの最強セットアップをご紹介します!前のページ

【GU×UNDERCOVER購入品レビュー後編】隠れた名品はコレだ!次のページ

関連記事

  1. 購入品レビュー

    たった1500円で印象を変えられる!UNIQLOのサングラス

    4月も終盤になり日中はだいぶ暖かくなってきました。今年は少し前まで寒…

  2. 購入品レビュー

    【UNIQLO感謝祭 第1弾】絶対に見逃せないお得アイテムはコレだ!

    こんにちは。白須(しらす)です。6月11日から6月24日の期…

  3. 購入品レビュー

    【冬アイテム購入品】満足度が高かったアイテム ベスト4

    こんにちは、白須(しらす)です。今期もいろんなファッションア…

  4. 購入品レビュー

    秋冬のインナーにもアウターにもなる便利アイテム!UNIQLO のソフトボアフリースVネックベスト

    本日はユニクロでこれは便利だなというものを見つけたのでご紹介します。…




  1. 購入品レビュー

    【真夏の必需品】UNIQLOで購入出来るおすすめTシャツ
  2. 購入品レビュー

    【UNIQLOU】秋始めにピッタリ!1枚で過ごせる便利なロンTはコレだ!
  3. 購入品レビュー

    【今期おすすめ】2021年夏に買って良かった洋服ベスト3
  4. オシャレ術

    UNIQLO活用術とオススメ購入品
  5. オシャレ術

    センスを磨く前にやるべき断捨離
PAGE TOP