購入品レビュー

【2022年秋冬 UNIQLO U】イケてるアイテムをピックアップ!

2022年9月16日、UNIQLO Uの秋冬アイテムが発売開始となります。

今回はかなりジェンダレスを意識したラインナップです。オンラインストアを見てもメンズ区分アイテムでもほとんど男女兼用表記になっていたり、ちゃんと女性モデルを起用した着用例があったりします。

またアイテム全体を見てもカジュアルながらベーシックで着回しやすい提案が多い印象です。いつものUNIQLO Uはもう少し尖ったアイテムがあったりしますが今回はみんなが実用的に着ているアイテムが多く、いつもと違う雰囲気を感じます。とはいえくすんだ色合いが多いなどインラインにはないUNIQLO Uらしさも健在です。

本日はオンラインストアの画像や情報からコレ選んどけば間違いない!というイケてるアイテムをピックアップしてみました。





ユーティリティショートブルゾン


ユーティリティショートブルゾン
価格 : ¥9,990

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E452170-000/00?colorDisplayCode=67&sizeDisplayCode=004

まず1点目がこちら。
今回のUNIQLO Uアウター、何が1番狙い目って聞かれたらコレでしょ!というブルゾンです。

近年ロングコートはずっと人気ですが、正直見飽きたって方も多いかなと。こういったショート丈は今の気分にぴったりです。

ロングアウターより気軽に着れて、パンツのシルエット変化も楽しめます。最近はパンツのシルエットもワイドだけでなく、ストレートやスリムフレアなど多様化しています。

こちらのアイテムは襟付きで綺麗な雰囲気ながら、素材感はガサッとした雰囲気でややカジュアル。アイテム単品でバランスがとれているので、どんなパンツでも合わせやすく着回しやすいです。

生地はコットンにワックスを染み込ませた様な風合い。ちょっと濡れた見た目のコットンと言えばイメージしやすいかなと思います。実際にはワックス入りコットンは手入れなどが扱いが難しいので、こちらはその風合いをコットンのみで再現されています。なかなか味の見た目でコーディネートのアクセントにぴったりです。ちょっと艶感が出て上品に見えるんですよね。

内側の裏地にはフランネル生地が貼られており、風の侵入を防ぎつつある程度の保温性があるものになっています。秋はロンTなどトップスの上に直接着て、冬になれば間にインナーダウンなんかを内側に着てあげればかなりの寒さにも対応できます。

利便性から言ってもなかなか良いアイテムです。

身幅がゆったりしていたりとトレンド感もばっちりあります。

またこの手のアイテムはインナーの着込み具合で気温に対応するので、あまり小さいサイズで無い方が良いです。とは言えこちらであれば、いつものサイズを選べばゆったりしたサイズ感で着られるかなと思います。

おそらく、こちらのアイテムはBarbourのSPEYからインスパイアされて作られたアイテムかと思います。細かなデザインや風合いは違いますが、本家SPEYは6万円ほどするアイテムですが、こちらは1万円ほどで購入できるのでもう少し気軽にチャレンジ出来ます。

ちなみに私もブルーカラーのものを購入しようと考えています。


ステンカラーコート


ステンカラーコート
価格 : ¥9,990

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E452376-000/00?colorDisplayCode=67&sizeDisplayCode=004

続いてアウター2つ目がこちら。
こちらはウィメンズ商品ですが、メンズでも十分着られる。というよりメンズが着ることを想定してるんじゃないかな?というアイテムです。

というのもボタンがメンズ配置なんですよね。

男性がウィメンズアイテムを着ると違和感に感じるのがボタンのかける方向が左右逆なこと。こちらは着る方から見て左側の布地を上に持ってくる男性に馴染み深い配置になっています。

今回のUNIQLO Uは全てのアウターがウィメンズ商品であってもボタンがメンズ方向の配置。ここからもジェンダレスを意識したラインナップなことが伺えます。

ではこのアイテムの良さですが、特段特徴があるわけではないが
・ワイドシルエット
・長すぎない程よいロング丈
など今のトレンドを押さえたロングコートに仕上がっています。

秋や春先に使える薄手のロングアウター持ってない、という方はこの機会に購入しておくと良いかなと思います。

ロングコート、特に首まで隠れるステンカラーは羽織るだけで身体をすっぽりと覆いコーディネートが完成します。着てしまえば、インナーやパンツがほとんど見えないので、どんなアイテムとも合わせやすいんですよね。1枚持っておくと便利なアイテムです。

また普段は普通の襟付きですが、その襟立ててボタンで留めて首をカバー出来るってのも今っぽい仕様です。

元々はより防寒性を高めたいときには襟を立てて風の侵入を防ぐ目的ですが、これであれば2パターンの見た目を楽しめるので気分に合わせて着こなすのもお洒落かなと思います。





ガーメントダイスウェットシャツ(長袖)


ガーメントダイスウェットシャツ(長袖)
価格 : ¥3,990

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E452189-000/00?colorDisplayCode=29&sizeDisplayCode=004

トップスからはこちら。
ちょっとゆったりしたスウェットシャツです。

特徴はなんと言ってもガーメントダイ。

お洋服の色を染める時は、糸の段階で染めたり、布地になってから染めるなどありますが、こちらはお洋服の形になってから染めたもの。なので均一に染まらずやや色ムラがあったり、袖や裾など端まで染まりきっていていないなど味のある風合です。新品ながら着古した様なヴィンテージ調の見た目に仕上がります。

また首回りも大きめのクルーネック。少し伸びてクタッとしたのかなと連想されるようなものでガーメントダイと相性も良く、より長年着たような雰囲気が強調されます。

こちらのスウェットシャツはかなりカジュアルなアイテムなので、綺麗なスラックスなんかと合わせるのにぴったりかなと思います。ちょっとクセのあるアイテムを探している方にちょうど良いでしょう。


ボアスウェットトラックジャケット(長袖)セットアップ可能


ボアスウェットトラックジャケット(長袖)セットアップ可能
価格 : ¥4,990

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E452937-000/00?colorDisplayCode=09&sizeDisplayCode=004

スポーツウェアであるトラックジャケット。いわゆるジャージの上着ですが、こちらはしっかりとお洒落着として作られたアイテムです。

似たような首周りにボリュームのあるお洋服でドライバーズニットがありますがそちらはニット生地。このトラックジャケットはスウェット生地でつくられたものです。ドライバーズニットよりもカジュアルなアイテムとなりますが、こちらは見た目はツルっとした上品な生地でお洒落着として十分使えるものになっています。

またスウェット生地なので洗濯が簡単に出来たり、生地の裏地も起毛してるので冬でもかなり暖かそうです。

このトラックジャケット何が良いのかというとジップを最大限上げればタートルネックみたいな首を覆えること。秋冬らしく季節感があるだけでなく、上品にも見えます。

シャツなどは襟に高さがあるからフォーマルに見える理屈と一緒でこちらのトラックジャケットも首が隠れることでドレッシーな印象になります。スウェットながらジーパンなどと合わせてもカジュアルになり過ぎず、適度なバランスのコーディネートがしやすいでしょう。

ただこちらのアイテムはトラックジャケットの中でも、かなりネックが高くボリュームがあります。メリットなんですが注意も必要。タートルネックを着慣れてない方だと違和感が凄いかもしれません。見た目は良くて防寒性も高く機能的だけど、着心地面で人を選ぶアイテムかも知れません。

着方としてはトラックジャケットをアウターとして使えるのはもちろん、コートの中に着てインナー使いにも出来ます。首があるアイテムはレイヤードしやすく、ショート丈のアウターからロングコートまで幅広く使えます。

またトラックジャケットにネックがあるからジップを閉めてしまえばインナーは何を着てもわからないです。つまりインナーを選ばないのも使いやすいポイント。わりと何とでもコーディネート出来てしまいます。

個人的にはけっこう気になっているアイテムです。





ベルテッドタックワイドパンツ


ベルテッドタックワイドパンツ
価格 : ¥4,990

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E452598-000/00?colorDisplayCode=37&sizeDisplayCode=061

パンツからはこちら。
実はこれウィメンズアイテムなんです。

今回メンズのパンツラインナップもややワイドな裾に向けて細くなるテーパードシルエットが大半。使いやすく、お洒落初心者の方でも抵抗なくはけるワイドパンツということではアリなのですが、少々見飽きたって方も多いかなと。実際私はもうテーパードのワイドシルエットはほぼ履かなくなってしまいました。

というわけで裾までストレートのこちらのベルテッドタックワイドパンツがおすすめ。結構幅広ですが世の中にこれだけワイドパンツが広まった現在ならこれくらいのワイド感は特には違和感も出ないはずです。

ウィメンズアイテムでも全然メンズがはける仕上がです。丈もけっこう長めでむしろメンズが着てちょうど良いかもしれません。

ワイドパンツとはいえ腰回りにはタックが入っており、ギュッと細くなっています。足は太いですが腰周りはしっかりと絞られておりメリハリの効いたシルエットです。股上も深くタックインして腰上で履けば脚が長くスタイル良く見えるパンツです。

色も捨て色がなく、ブラック、ホワイトが着回しやすいのはもちろんのこと、今期ならブラウンやオリーブなんてのも今っぽいでしょう。

今回のUNIQLO Uでパンツを選ぶなら一押しです。


ニットストール


ニットストール
価格 : ¥2,990

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E452870-000/00?colorDisplayCode=30

最後、小物からはマフラーです。
これかなり良さそうです。

安価なストールって薄手なことも多いですが、こちらはニット生地で編まれたものということからしっかりとボリュームがあります。

安っぽさもなく適度な艶のあるニットでなかなか高級感もありそうです。マフラーは首回りに着けることもあり目立つのであまり安価なものはオススメ出来ないのですが、こちらはかなり出来が良さそうです。

縦の長さはそこそこだけど幅がしっかりとあるので大判ストール扱いで着用できるかなと思います。

冬場は良いマフラー1つ持っておくと何かとコーディネートのアクセントに出来るので買って損はないかと。持ってない色とかあるならバリエーションとして揃えるのもありです。肌触りだけは実際に触れてみないとなんとも言えないですが、許容できるなら絶対買いのアイテムです。

色は無難にダークグレーもありですが、私はホワイトに見えるナチュラルカラーが気になります。

以上。
2022年秋冬のUNIQLO Uからコレ選んどけば間違いない!というイケてるアイテムをピックアップしてみました。

今回のコラボは例年と比べて型数は絞られていますがその分気になるアイテムの割合も多く、なかなかの良作揃いじゃないかなと期待出来ます。

それでは、今日の記事はここまでです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また、次の記事でお会いしましょう。

夏のTシャツはとりあえずコレを選べば間違いない!おすすめ4点をご紹介します!前のページ

【UNIQLO U新作】絶対に買うべき超便利アウター!ユーティリティショートブルゾン次のページ

関連記事

  1. 購入品レビュー

    【無印良品 購入品】 機能性×トレンドの両立!MUJI Laboの撥水フードジャケット

    こんにちは。白須(しらす)です。本日は無印良品にて、春や梅雨…

  2. 購入品レビュー

    【UNIQLO+J購入品】カシミヤブレンドチェスターコート

    UNIQLO +Jの発売から約1週間が経ちました。発売日には多くの人…

  3. 購入品レビュー

    【2020年AW】UNIQLO U何を買おうか問題

    2020年9月18日(金)より、UNIQLO Uの新作が発売されます…




  1. コーディネート

    【春からのビジネスに】近頃の量販ブランド イージーセットアップの出来が素晴らしい…
  2. 購入品レビュー

    秋服で買ってよかったものベスト3
  3. 購入品レビュー

    【UNIQLO+J 2021SS 購入品】ワイドフィットカーゴハーフパンツ
  4. オシャレ術

    大人が絶対に持っておくべき洋服。春のカジュアル編
  5. オシャレ術

    初心者にオススメのファッション学び方
PAGE TOP