オシャレ術

ベーシックカラーを知ろう

もうすぐ、衣替えのシーズンということもあり、クローゼットを見返す機会が増えてきました。今年の秋はどんな服を買おうかな、そんなことを考えています。

トップ画像は私のクローゼットになるのですが、最近服の色が統一されてきたなと感じます。これは悪いことではなく、むしろ良い傾向です。なぜなら、コーディネートがしやすいから。

服には明確に使いやすい色と使いにくい色があります。今回はそんな服の色選びについてお話ししていきます。


絶対に外せない定番色


色には最も汎用性が高く、誰からも自然に見えるベーシックカラーがあります。

ずばり
・モノートーン(黒、白、グレーの無彩色)
・ネイビー
・ブラウンの3色

です。

なんだか、地味な色が多いと感じるかもしれません。しかし、「地味=浮いて見えない」となるので、使いやすい色とも言えます。

極論この3種類の使い分けだけでどんなコーディネートも成り立ち、シンプルかつ大人らしくコーディネートできるところが魅力です。

当ブログで紹介するアイテムも、この色のものが中心です。

代表機的な色別のアイテム例も紹介します。

ブラウンは一般的にベーシックカラーからは外れてきます。私の場合コーディネートのバリエーションとして、なくてはならない色だと感じております。

ただし、ブラウンは靴や鞄の革製品のみがベーシックです。じゃあブラウンの服はダメなの?というと、そんなことはありません。私自身、ブラウンのジャケットも所有しております。

ベーシックではないがゆえに、コーディネートは気を付けなればいけないと理解していれば問題ありません。

また、革製品のブラウンアイテムは黒のバリエーション違いとして使うことが多く、まず始めに揃えるものではないということも覚えておきましょう。


注意すべき色


前提として色には悪いものはありません。しかし、服においては明確に使いにくい色はあります。

それは、赤、黄、緑などのカラフルな色彩のものです。

色自体の主張が強いものは、そのアイテムにのみ目が行きがちです。全体のコーディネートとして捉えるのが非常に難しく、おしゃれに見えにくいです。トータルバランスを大事にしましょう。

ただ、こういった色もメインアイテムでは使いにくいですが、差し色として使うこともできます。

例えばアクセサリー、マフラー、ネクタイなどです。コーディネートのアクセントとなり、華やかさをプラスしてくれます。

どうしてもトップスやボトムスなどの目立つ場所に赤、黄、緑などを使うのであれば、ダークトーンのものを選べば落ち着いた印象に見え、比較的使いやすいです。


上級者はこんな色も使う


オシャレに慣れてきた方ならベーシックカラーに加えて、こんな色もオススメです。

それは、アースカラーと呼ばれる自然を連想させる色です。具体的にはオリーブ、ベージュなどの色を指します。

ベーシックカラーの中に1つだけ、アースカラーのアイテムを加えると他人と差別化ができます。

ネイビージャケットのすすめ前のページ

初心者にオススメのファッション学び方次のページ

関連記事

  1. オシャレ術

    【お店選びに迷える方必見!】大人にオススメしたい洋服セレクトショップ5選

    セレクトショップって、たくさん種類があって、どこに買いに行けばわから…

  2. オシャレ術

    最も使いやすいコーディネートの色合わせ

    コーディネートを組むときに、まず意識するのはアイテム同士の相性です。…

  3. オシャレ術

    大人が絶対に持っておくべき洋服。春のカジュアル編

    こんにちは。白須(しらす)です。本日は休日などのカジュアルシ…

  4. オシャレ術

    初心者にオススメのファッション学び方

    皆さまはファッション情報の収集に、何をお使いでしょうか?最近…

  5. オシャレ術

    自分のスタイルを持つということ

    こんにちは。白須(しらす)です。今回も私が日々、感じているコ…

  6. オシャレ術

    ホコリ取りだけじゃない、ブラッシングは洋服を美しくする

    まだまだ寒い日が続いています。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。…




  1. 購入品レビュー

    今が買い時!?UNIQLO Uのワイドフィットシャツ
  2. 筆者のクローゼット

    10年使える最強のエコバッグ!L.L.Bean グローサリー・トート
  3. オシャレ術

    【お役立ち情報】UNIQLOを定価の30%引きで購入する方法をご紹介します!
  4. スーツ・ジャケパン

    【お洒落は失敗から学ぶ】新しくネイビージャケットを新調した話
  5. オシャレ術

    洋服を買わなくても良い!?夏を賢くオシャレになる方法!
PAGE TOP