購入品レビュー

【2021SS UNIQLO U購入品 その2】セーターとポロシャツ

こんにちは。白須(しらす)です。

昨日に引き続き、本日もUNIQLO Uの2021SSの購入アイテムをご紹介します。

本日 第2弾は春先から夏場まで使っていけそうな、ニットアイテムを見ていきたいと思います。

今回のUNIQLO Uのニットアイテムは本当に完成度が高いです。夏場に使えるニットって選択肢が少ないので、あんまり良いものを見かける機会がないように感じます。

UNIQLO Uではそれを見事に、しかもロープライスで実現してくれました。

夏場にニットって暑そうに思うかもしれませんが、素材を選べばむしろ涼しく過ごせるものもあります。今回ご紹介するアイテムも夏場のニット素材の代表格「麻(リネン)」を使用したものになります。

それでは早速いってみましょう!





3Dクルーネックセーター(長袖)


こちらはUNIQLOが展開する「3Dニット」というもので、ホールガーメントという技術を使用した一筆書きで編まれたニットのセーターになります。

ホールガーメントとは1本の糸から立体的に服の形に編むことのみで作製されたモノのことです。

縫い目がなく引っかかる箇所もないので着心地が良いことや、シルエットが立体的になって美しいというメリットがあげられます。

UNIQLOにおいて、この3Dニットはレディースでは以前からあったものですが、今回は満を辞してUNIQLO Uよりメンズバージョンも展開されたということになります。

生地は綿70%、麻30%の素材で、8ゲージのザックリとした編み地です。

麻特有のドライな肌触と軽やかな風合いが特徴的です。私が購入したブラックでもそこまで重たく見えません。

このザックリ感と薄手というのもなかなか目立つところで、生地に透け感があります。写真でも背景の黄色が少し見えていますよね。

つまり着た場合、中のインナーの色を少し拾います。インナーの表情により見せ方を変えることができるんです。

また、肩のところに繋ぎ目のようなモノが見えますが、ホールガーメントなのでコレは縫い目ではなく編み模様です。内側から触ると凹凸はなく、引っかかるところが無い様に出来ているんです。非常に凝った造りに仕上がっています。

いつものサイズを選ぶとジャストサイズです。

今回は少しゆったり着たかったので165cm/53kgにて、Lサイズを選びました。

着用しているものはブラックですが、あまりにも素敵だったのでオフホワイトと2色買いしてしまいました。

シルエットはストンと落ちるようなストレートシルエットとゆったりめの身幅で、肩もドロップショルダーでリラックスした雰囲気です。

生地がザックリ薄手なだけに、袖のリブ締め付けは弱めです。私は春夏に袖まくりして着用したいのですが、けっこうしっかりまくってあげると良さそうです。

また、8ゲージの荒い編み目からインナーの白Tシャツが少し透けてるのもポイント。春にはピンクのインナーなんかを着ても季節感が出せそうです。

ネックがボートネックという横に広がっているものと、クルーネック(丸首)のちょうど中間くらいの絶妙なネック周りです。

今回、インナーにはクルーネックのTシャツを着ていますが、チラッと見えています。このちょっと覗くくらいがまた可愛いところです。

ホールガーメントによるシルエットもさることながら、生地感が非常に美しきアイテムかなという印象です。

春夏に向けた素敵なセーターってなかなかないので、コレはお気に入りになること間違いなしです。


ファインゲージポロシャツ(半袖)


そして2つ目はこちら。「ファインゲージポロシャツ(半袖)」です。

こちらもニット生地のポロシャツになります。

ニットと言っても先ほどのセーター同様、綿と麻の混紡素材です。こちらも、サラリとした肌触りで、涼しげな雰囲気があります。

先ほどののセーターと比べると、生地は14ゲージということで目が詰まっており若干厚めの印象です。とはいうものの、一般的な鹿子編みのポロシャツと比べるとかなり薄手の生地感にはなります。

商品だけで説明できることも少ないので、早速着てみましょう。

こちらもややゆったり目のLサイズを選びました。

こちらも写真のオフホワイトに加えて、ブラックも購入しました。

ドロップショルダーと半袖にしては少し長めの袖丈でルーズなシルエットです。

襟やボタンがあるのでシンプルになり過ぎず、デザインのアクセントにもなります。夏場は1枚で着ても素敵に決まります。

その他に春にはニットやスウェットの下にレイヤードしたり、冬はさらにその上からアウターを重ね着たりと、案外使えるシーズンが長く着回しがきくアイテムです。

素材感やシルエットから、ポロシャツという襟が付いたアイテムでありながらカジュアルで使いやすく仕上がっています。

なんだか田舎のおじいちゃんが着ていそうな気さえします。

この抜け感がカジュアルでも使いやすい雰囲気になっているのでしょう。

ポロシャツという襟の付いたアイテムでありながら、スラックスなんかと合わせてもドレッシーになり過ぎません。





ニット×ニットで組み合わせても素敵


先ほどのセーターとニットを使ってコーディネートを組んでみました。

なかなか素敵で夏に使っていけそうです。

ポロシャツが少し野暮ったい雰囲気なので、ニットを肩がけで着ていてもキザになり過ぎず、ちょうど良いバランスに感じます。

ニットは同色だけではなく、いろいろな色で組み合わせるのも面白そうです。素材感が似ているのでニット×ニットで合わせても違和感を感じません。

セーターって暑なるとすぐ着れなくなるけど肩がけなら真夏でも使えるのでオススメのテクニックでもあります。

今回は上下ともにややワイドな合わせてにしてみました。

私はニットを少しオーバーサイズのものを選んだので、次回コーディネートするならボトムスは細身のものを選んでYラインシルエットの方がバランスが取りやすそうです。

このニットはシルエットがきれいなので、ボトムスを太くするならトップスはジャストサイズでAラインなんてのもキレイに収まりそうです。

つまりなんとでも合わせられそうで、使いやすいということなのです。

以上がUNIQLO Uの2021SSから購入品 その2であるセーターとポロシャツのご紹介でした。

このニットはオンラインショップでも、一時品切れになっていました。今は少し在庫が復活しているようです。

とはいえ数多くの在庫があるわけでは無さそうなので、よろしければ是非お早やめに購入を検討してみて下さい。

それでは、今日の記事はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、次の記事でお会いしましょう。

【2021SS UNIQLO U購入品 その1】トレンチコート前のページ

【2021SS UNIQLO U購入品 その3】シャツとトートバッグ次のページ

関連記事

  1. 購入品レビュー

    2021年秋冬のUNIQLO+Jで買うべきアイテムはコレだ!

    今週11月12日(金)にUNIQLOとデザイナーのジル・サンダー氏と…

  2. 購入品レビュー

    【無印良品 購入品】MUJI Laboのワイドデニム

    突然ですが、皆さんは春の着こなしを楽しんでいますか?冬から春…

  3. 購入品レビュー

    ついに来ました!UNIQLO+Jで購入したものとは!?

    ついにこ日が来ましたね。2020AW UNIQLO +Jの発売です。…

  4. 購入品レビュー

    【2020年AW】UNIQLO U何を買おうか問題

    2020年9月18日(金)より、UNIQLO Uの新作が発売されます…




  1. スーツ・ジャケパン

    THE SUIT COMPANYでちょっと変わったグレースラックスを購入した話
  2. 購入品レビュー

    夏も涼しく過ごせるオススメのシャツ!UNIQLOのプレミアムリネンシャツをレビュ…
  3. 革靴・スニーカー

    【靴の中に入れるだけでシューケア】シューキーパーのすすめ
  4. 革靴・スニーカー

    素敵な革靴の選び方
  5. オシャレ術

    ファミマで靴下を購入した話。それと今後のアパレル業界動向について
PAGE TOP