オシャレ術

ドレスとカジュアルの合わせ方

こんにちは、白須(しらす)です。

先日、大人の男性ファッションには「ドレスとカジュアルのバランス」が大切です。という、記事を投稿しました。まだ読まれていない方は先にこちらを読んでみてください。

今回はもう1歩踏み込んだ内容として、注意すべきことをお話しします。

https://3colorsclothing.com/fashionmast

ドレス度カジュアル度


コーディネートにおいて

ドレス7割 : カジュアル3割

が良いバランスですとなるのですが、それ以外にも注意するべきポイントがあります。

それは、ドレスとカジュアルをミックスしていても相性が悪いこともある、ということです。

例えばこんなコーディネートをしたとします。

白シャツ×ベージュチノハーフパンチ×黒ストレートチップシューズ

ドレスの中に1点カジュアルが含まれており、良い配分の筈なのですがなんだかチグハグして見えますよね。

これは、ハーフパンツのカジュアル度と黒ストレートチップシューズのドレス度がかけ離れすぎており、違和感を感じてしまうためです。

こちらのグラフを見て下さい。

上にいけばドレス度が高く、下にいくとカジュアル度が高いことになります。

この中で3個以上、上下に離れると合わせるのが難しくなってきます。

よって今回の場合、靴をカジュアルダウンして、ハーフパンツとレザースニーカーと合わせると相性が良いことになります。


同じアイテムでもドレス度カジュアル度が違うことがある


ジャケット×スラックスのセットアップが2つあったとします。片方はビジネススーツ、もう片方は肩パッドのないルーズなシルエットのもの。この場合、明らかに後者の方がカジュアルなアイテムになります。

この様に同じアイテムでもサイズ(シルエット)、デザイン、素材によってもドレス寄りかカジュアル寄りかが分かれます。

先ほどのコーディネートのことと合わせて、考えるようにしてみて下さい。

具体的にはビジネススーツのジャケットにブルーデニムとスニーカーを履くとなんだか堅い印象になります。しかし、ジャケットを先ほどの肩パッドのないルーズなシルエットのものに変えると、少しカジュアルに寄るため自然に見えます。


まとめ


今回の注意点として、

ドレス度カジュアル度が離れすぎているアイテム同士は合わせにくい場合がある。

アイテムのシルエット、デザイン、素材によってドレス度カジュアル度が変わる。

となります。

少々、複雑に感じたいかも知れませんが慣れれば自然と判断出来る様になりますので参考にしてみて下さい。

ファッションで最も大切な1つのポイント前のページ

ネイビージャケットのすすめ次のページ

関連記事

  1. オシャレ術

    最も使いやすいコーディネートの色合わせ

    コーディネートを組むときに、まず意識するのはアイテム同士の相性です。…

  2. オシャレ術

    【コーディネートにおける重要なポイント】良いボトムスを履こう

    こんにちは。白須(しらす)です。本日はコーディネートのお役立…

  3. オシャレ術

    【着こなしテクニック】タックインのススメ

    こんにちは。白須(しらす)です。最近街中でも徐々に見かけるよ…

  4. オシャレ術

    レザーアイテムの色選びとは!?鉄板の2色をご紹介します

    こんにちは。白須(しらす)です。本日は小ネタということで、レ…

  5. オシャレ術

    夏のファッションはコレで決まり!大人が持つべきアイテム3選

    「夏って暑いから、薄着で着用点数も減ってオシャレの幅が狭いなー」なん…

  6. オシャレ術

    ベーシックカラーを知ろう

    もうすぐ、衣替えのシーズンということもあり、クローゼットを見返す機会…




  1. 購入品レビュー

    【UNIQLO購入品】永遠の定番 チェスターコート
  2. 購入品レビュー

    LACOSTEの名作長袖ポロシャツL1312をレビューします!
  3. 購入品レビュー

    【購入品レビュー】Hanes (ヘインズ)のBEEFY-Tは見た目とコスパを高次…
  4. コーディネート

    着こなしによる春っぽさ、季節先取りのコーディネート
  5. 購入品レビュー

    【まずはこの一着があれば間違いない!】UNIQLO Uのエアリズムコットンオーバ…
PAGE TOP